カテゴリー
ドラマ わたしを離さないで

わたしを離さないで最終回ネタバレ予想!原作の結末を解釈した結果・・・

Sponsordrink
わたしを離さないで 最終回 ネタバレ 画像
転用:https://www.youtube.com/

ドラマわたしを離さないでがもうすぐ最終回を迎えますね!

 

原作のラストシーンを知っている方も、まだラストシーンを知らない視聴者の方も、これからどのような展開になっていくのか注目されていると思います。

 

事実、原作のあるドラマがオリジナルストーリーとして、いままでにないストーリーが展開されることはよくある話ですので、おそらく、新しい展開になるのではないかと予想されている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ということで、今回は独自の視点でドラマわたしを離さないでの最終回がどのような展開になっていくのか、ネタバレ予想をしていきたいと思います!

 

ドラマわたしを離さないでをより一層楽しみたい方は、最後まで集中して読みすすめてください。

 

わたしを離さないで最終回ネタバレ予想!

『陽光出身者で、ある条件を満たせば提供が始まるまで3年間自由に過ごせる猶予を得ることができる』

 

という噂を耳にし、それが本当であると確信した恭子(綾瀬はるか)は猶予という名の夢を手に入れることはできるのか・・・

 

おそらく、ドラマわたしを離さないでの今後の一番の見所としては、提供は始まるまでの3年間を自由に過ごせる猶予という希望を手にすることができるのかについて注目が集まっていると思います。

 

自分で生きる道を選択する決定権はなく、陽光学園という教育機関から旅立ったその日から提供者として自らの命を主人に捧げる道を歩まければいけないという宿命は、冷徹非道で残酷な現実でしかありません。

 

しかし、そんなどん底の現実に向き合って生きていくための希望を手にする唯一の機会に期待して恭子と友彦(三浦春馬)は恵美子(麻生裕未)に会いに行くのですが・・・

 

おそらく、あなたはこの先のストーリーがドラマのなかでどのように展開していくのか気になっているのでしょう。

 

結論から言わせていただくと、おそらく、原作と同じ結末として、猶予なんて希望を与えられることがないという展開になっていくと思います。

 

なぜなら、原作者であるカズオ・イシグロさんは世界的に有名な作家の権威ですので、そう簡単に描いた作品の世界観を曲げるようなことはしないと思うからです。

 

実際に、ストーリーに緩急をつけて原作とは異なる内容にすることができれば、話題性が高まり、短期的な視聴率アップは期待できます。

 

しかし、ストーリーに一貫性が生まれず、内容にも厚みが生じないので、結果として原作のファンが減ってしまう可能性が高いのです。

 

そう考えると、カズオ・イシグロさんにとって、なんのメリットもないことがわかりますよね。

 

したがって、今後の展開としては、原作のラストとまったく同じ流れになるというのが、最終回のネタバレ予想として、一番ベターだと思いますね。

 

原作の悲惨な結末を解釈した結果・・・

陽光学園というとても恵まれた環境で教育を受けてきた恭子と友彦と美和(水川あさみ)。

 

まるで飼育された家畜のように、自分たちの存在というものが、いったいなんなのかよく理解することができない状態で陽光学園を卒業していき、コテージで提供を待つ身となる姿を見ていると、現代社会をうまく描写していると感じますね。

 

裏の支配者によって教育をコントロールされたことによって、真実を知らずに生きていくことによって、結局、社会の歯車としてしか生活をすることができず、国や政府にうまく扱われてしまっている日本人の姿は、見ていてとても悲しくなるときがありますよ…

 

ここで大切なポイントは奴隷ではなく、家畜として扱われている点です。

 

奴隷と家畜の違いを端的に表現すると、

 

  • 奴隷は、誰に仕えているのかという主人を知っている。
  • 家畜は、誰に仕えているかもわからない、主人を知らない状態のこと。

 

を指します。

 

つまり、なんの力によってこの世界が支配されており、自分たちの生活をコントロールしているのかという力学を理解していないのです。

 

しっかりとした教育が行き届いていない人間は、こういった傾向があります。

 

そして、この知識の差こそが、圧倒的な経済格差を生んでしまうんですよね。

 

事実、政治や経済、金融といった業界の前提知識を知らない人間にとって、彼らの扱っている言語は、宇宙人の言葉のように聞こえてしまうので認識することができません。

 

なので、実際にどのようにして日本の経済が動いており、政治が行われているかを理解することができないのです。

 

これは、かなり大きな問題ですよね。。

 

さらに、メディアは一方的な情報発信をしていくことで、人間の思考力を奪い、端的な消費活動を促す訴求を毎日のように続けています。

 

もちろん、日本経済の活性化のためには必要なことなのですが、こういった施作をすることによって、日本人はどんどんバカになっていっているのです。

 

その結果、真実を知っている人と何も知らない人の差が生じてしまい、ドラマわたしを離さないでのような理不尽な世界観の作品が社会から賞賛されてしまうんです。

 

社会をしっかりと映し出した鏡のような作品ですので、高い評価を得ることができているのでしょう。

 

おそらく、人間の潜在的な部分に大きく訴えかける力がこの作品にはあるのだと思います。

 

そういった観点で考えると、漫画でいえば、ワンピースも現代社会をよく映し出すことに成功している1つの作品といえますよね。

 

いかにニーズのある共感を生み出す作品をもとにして、奇抜な企画やアイデアを1つの形にしていくかが、ヒット作作品を生み出す重要なポイントなのでしょう。

 

ただ、このドラマわたしを離さないでのストーリー展開は、消化不良を起こしてしまい、解釈に本当に困る作品だと思います。

 

おそらく、原作者であるカズオ・イシグロさんは、結末に消化不良の起こるストーリーをもっていくことで、この現象に対して、読者1人1人に人間の命の尊さと人間の愚かさについて考えてほしいといった意図があるのだと思いますが、ちょっと残酷な終わり方ですよね。

 

私の解釈としては、社会というものは、犠牲になる人間と、生存し続ける人間の2つに分かれ、階級社会によって最初からすべてが決められている八百長、出来レース、悪意のある工作が最初から仕込まれているということを暗に伝えたかったのではないかなと思います。

 

小説なので、読み手1人1人解釈が異なると思いますが、考え方次第では、かなりの問題作であるともいえますね。

 

世の中では、思想や言語の自由が認められていますが、もし、これが戦時中だったとしたら、弾圧されていたかもしれません。

 

それだけ大きな社会現象を与えた作品であるからこそ、今回のドラマわたしを離さないでのラストシーンもおそらく、原作通りに進んでいくでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ドラマわたしを離さないでに関して、独自の視点考察をしてきましたが、参考になりましたか?

 

やはり、ドラマわたしを離さないでは、世界的に有名な作家であるカズオ・イシグロさんの作品が原作になっていることもあり、切ないストーリーがそのまま再現されるのが濃厚であると考えらえますね。

 

おそらく、多くの視聴者にとって衝撃的なラストシーンとなると思いますが、いったいどのように受け止められるのか、そして、どのように解釈されるのか…

 

視聴者の反応が楽しみなところです!

 

ドラマわたしを離さないで最終回も見逃せませんね^^

 

わたしを離さないで9話予告動画

 

 

関連記事一覧

わたしを離さないで視聴率とネタバレ予想!あらすじとキャストを公開

 

カテゴリー
2016年冬ドラマ ドラマ わたしを離さないで

わたしを離さないで視聴率とネタバレ予想!あらすじとキャストを公開

わたしを離さないで 画像
転用:http://www.tbs.co.jp/never-let-me-go/

生きること、愛することをテーマに現実世界と向き合いながら強く生きていく人間ドラマでる『わたしを離さないで』が、2016年冬の1月ドラマとしてスタートします。

 

この作品は英国でベストセラーを記録した話題作であり、いままでは舞台で再現はされてきた作品ではあるのですが、連続ドラマとして放送されるのは世界初とのこと、ドラマ放送前から大きな話題を呼んでいる『わたしを離さないで』は、いったいどのような作品なのか…

 

今回は1話のネタバレと視聴率を大胆予想したり、あらすじとキャストについての情報をまとめてみました!ドラマ『わたしを離さないで』の世界をいち早く楽しみたい方は、いますぐこの先を読み進めてください。

 

▼ドラマわたしを離さないで最終回ネタバレ記事公開!

わたしを離さないで最終回ネタバレ予想!原作の結末を解釈した結果・・・

 

あらすじとネタバレ

この作品を短い文章で表現するとしたら、切なく、残酷な運命を背負って生まれてきた人間たちの甘く切ないヒューマンラブストーリーです。

 

では、具体的にはどういった内容なのか…あらすじを見ていきましょう!ネタバレ情報がありますので、注意して読み進めてください。

 

主人公である恭子、友和、美和の3人は幼少期の頃から陽光学苑という特別な施設で特別な教育を受け育てられていきます。普通の学校よりも良質な教育を受けた3人だったのですが、この学校には秘密がありました。それは…

 

【学校の秘密】

 

  • 学校の外に出るには腕についたバンドを機会に通さなければならない
  • 学校と外の境界線の向こう側に出てはいけない
  • 境界線から外に出たら二度と戻ってこれない
  • ある特別な使命をもった子どもたちが教育されている
  • 子どもたちは大人になるまで寝食をともにして育成されていく
  • 18歳という年齢に達すると生まれてきた使命とこれからの人生の結末を知らされる

 

明らかにおかしな秘密がいくつか存在しているわけなんですが、幼少期の頃はこれらの内容についての全貌を知ることはなく、ただ、自分たちは特別な使命をもって生まれてきたことだけ知らされます。

 

ここまで聞くと、なにかのスパイでも育成している機関なのではないかと憶測を立てる方がいるかもしれませんが、そういった物語ではありません。実は、18歳という年齢を迎えて大人になった彼らは別の場所に連れて行かれ、自分たちの本当の使命を聞かされて、絶望し、生きることに対しての希望を失うんです。

 

その使命というのが…『人の命を救うための臓器移植のためにクローンとしてこの世界に生まれてきたこと。』これが、学校で育成されている子供達の使命であり、生きている理由なんです。

 

つまり、自分の人生を生きることが最初からできずに、他人の人生のために自分の大切な臓器を提供していくという、残酷な人生を歩まなければいけないわけなんです…

 

そして、この作品には臓器を提供する人間のほかに、臓器を提供したことで弱った人間を介護する介護人という立ち位置もあります。合計4つの臓器を提供してしまったら、死に至るという提供者。

 

しかし、オファーがあったら、すぐに臓器を提供しなければならない…こんな運命を携えて生まれてきたら、やりきれないですよね。

 

ここまでのあらすじを聞いて、けっこう重たい内容だなと思われた方がいるかもしれませんが、このテーマはいまの社会をとてもうまく投影していることもあり、多くの人たちに読まれる大ヒット作になっています。命の大切さという、とても深い学びを与えてくれる。そんな作品ですね。

 

1話視聴率&ネタバレ予想!

それでは、ドラマ『わたしを離さないで』の1話視聴率とネタバレ予想をしていきたいと思います!ドラマ『わたしを離さないで』の公式ホームページがオープンしていましたので、このホームページの内容と、原作をもとにネタバレ予想をしていきます。

 

おそらく、ドラマ『わたしを離さないで』の1話で放送される内容は、幼少期の頃の恭子、友彦、美和の3人が和気藹々と仲良く学校生活を送っているシーンだと思います。自分たちの生きている意味も、運命を知ることがなく、ただ、毎日を楽しく生きている。

 

そんな3人の姿を1話では描いていくのではないでしょうか。もちろん、それだけではドラマとしておもしろくないですし、初回放送ということで、視聴者に大きなインパクトを与えることも重要になってきます。

 

なので、おそらく、生まれてきた意味を知るところまでを初回放送で伝えてしまうのではないでしょうか。そうなったら、インパクトが強すぎて次回放送も見たくなると思いますし、他のドラマよりも強い印象が残ると思います。

 

テーマが重いこともあり、いかに最初に作品に引き込むか、そして、綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんといった素晴らしい豪華キャストの演技がどれだけ光るかが今作がヒットするかどうかのキーポイントになると思います。

 

また、ドラマ『わたしを離さないで』初回放送に視聴率予想していは、20.2%ほどだと考えますね。

 

まず、綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんが共演するドラマを観れることなんてまずないですから、彼らのファン+原作のファン+1月から観るドラマを検討している視聴者を獲得できれば、これくらいの視聴率は余裕で達成できるのではないでしょうか。

 

なんにせよ、1月放送ドラマのなかでも、かなりの注目作ですので、どのようなストーリー展開になっていくのかが楽しみですね。

 

出演キャスト一覧

綾瀬はるか:保科恭子

#綾瀬はるか #おやすみシリーズ おやすみなさい🌙

Shuheyさん(@shuuu_hey)が投稿した写真 –


映画『世界の中心で愛を叫ぶ』一躍全国的な人気を獲得した綾瀬はるかさんは、今日までに、映画やドラマ、CMといったさまざまなお仕事をされてきました。

 

いつもふわふわした癒し系のイメージである綾瀬はるかさんが、『わたしを離さないで』という、少し重めの作品の主演として、どのように作品と向かい合っていくのか…注目ですね^^

 

三浦春馬:土井友彦

先日公開された映画進撃の巨人で体当たりな演技を魅せてくれた三浦春馬さん。今回の敵は巨人ではなく、自分たちをクローンとして生み出した人たちと、自分の運命が敵です。そして、いくら抵抗したとしても、その運命を回避することができないという、精神的苦痛を強く感じるストーリー展開だと思います。

 

演技は俳優として定評がある三浦春馬さんが、この絶望感に満ちた青年をどのようにして演じるのかが楽しみなところですね。

 

水川あさみ:酒井美和

だいぶ日焼け。ロケ焼け。

水川あさみさん(@mizukawa_asami)が投稿した写真 –


命の尊さと儚さ、そして、今日1日を大切に生きるという姿勢を大事にして生きることを教えてくれる素晴らしい作品であると『わたしを離さないで』の原作を読んでコメントした水川あさみさん。

 

クローンとして育成された3人のうちの一人を演じるのですが、自分の臓器を提供しなければいけないという使命をもった現実からくる痛みから自らを癒すために保科恭子と土井友彦が愛し合う姿を見て嫉妬します。

 

そして、二人の関係を切り裂き、かき乱すんですね。命というテーマだけではなく、男女の関係性をここで交えるところが素晴らしいですよね。昨年放送されたドラマゴーストライターでの演技も素晴らしかったですが、今作での水川あさみさんの演技にもかなり注目したいところです!

 

鈴木梨央:保科恭子(幼少期)

中川翼:土井友彦(幼少期)

わたしを離さないで 画像
転用:http://www.mondorana.jp/index.html

 

瑞城さくら:酒井美和(幼少期)

 

真飛聖:マダム

おはようございます✨! 最近はなんか家に帰ってくるとたいしてなにもしてないのに、眠くて眠くて、何にもせずに寝てしまう事が多く…😅 * 全然ヅカ充できてな〜いっ! でも今週はなぜか夢に真飛聖さんと音月桂さんがでてきて!😳😳 しかも真飛さんに、私がレッスンされてた…👼😵。。 そして、るろ剣のポスターもでたし♡! POBの初日もあったし! * 幸せ日もありましたぁ〜💗💗 * 今日は、BBQに行ってきますっ! バドミントン持って! 最近は運動をよくしてるので、なんか体を動かすのが楽しいです♡! * 今日はEXITER!みれるといいなぁ〜😳♡! * では、いってきま〜す✨! 皆さんもいい一日を〜💗! #真飛聖

あおい 黒豹の如く 初日から宝塚 専用アカ 作りました。さん(@treasure.a)が投稿した写真 –


マダムを演じるのは、元宝塚歌劇団の真飛聖さんです。天海祐希さんの影響なのか、最近は、宝塚歌劇団からドラマに出演される方が多いですね。

 

また、彼女たちの演技は大女優顔負けのオーラをまとっていますので、真飛聖さんがどんな演技を見せてくれるのかが楽しみです!

 

伊藤歩:堀江龍子

#sheisstillripping#伊藤歩

Isakaさん(@endless3_3)が投稿した写真 –

甲本雅裕:山崎次郎


麻生祐未:神川恵美子


原作者は、あの英国ベストセラー作家であるカズオ・イシグロさんです。英国ではすでに100万部を超える大ヒットとなった作品ですので、今回のドラマ化によってどのくらいのヒットがするのか楽しみなところですね。

 

もちろん、原作や舞台、映画で表現された『わたしを離さないで』という作品であり、すでにある程度のファン層がついていることが、さらなる話題性の火種となると思いますので、今後、どのように拡散していくのかが楽しみです。

 

映画『わたしを離さないで』予告編

 

まとめ

「私たちが救う人たちと私たちは何が違うのだろう、終了は誰にでも等しく訪れるのに」これは原作の『わたしを離さないで』の主人公キャシーが最後に放った言葉です。ここまでの『わたしを離さないで』の内容を知ったあなたは、この言葉にはさまざまな想いが込められていることがよく理解できると思います。

 

いくらクローンとして生まれてきたとはいえ、おなじ人間なのに、なぜ、区別する必要性があるのか…どこに違いがあるのか…なんでこんな運命をたどらなければいけないのか…悲観的ではありますが、逃げることができない運命に対して、やりきれない想いでいるキャシーを感じますね。

 

また、このケースは奴隷制度や人種差別や男女不平等といった、なにか別の対象の優劣を決め、絶対に侵すことができない境界線がある状態と似ていると感じますね。いつの時代も、どんな世の中にもいじめや差別といったものは存在しますから。

 

これは人間が本能的に誰が一番上なのかという権力を求める性質があるので、仕方がないことなのですが、天才カズオ・イシグロは、そういった人間の根本的な心理に対する絶望感と向かい合っていかなければいけない空虚感をこの作品のメッセージとして伝えたかったのかもしれませんね。

 

生まれながらにして運命が決まっている。そんな人生を生きることほどつまらないものはありませんから。それにひきかえ、いまの日本は経済的に豊かになり、職業に自由もありますので、頑張れば認めてもらえる文化です。この作品の世界観から日本を眺めると、どれだけ恵まれているかわからないほどですよね。

 

しかし、恵まれているからこそ、盲目になっていることも多々あることは事実です。なにが大切だとは言い切れない世の中ではありますが、自分の未来を決めることができる現代に生きている以上、もっと強く人生を歩んでいきたいところですね。

 

関連記事一覧

スミカスミレ1話視聴率予想と原作ネタバレ!キャスト・あらすじ・予告・感想まとめ

ナオミとカナコ1話視聴率予想と原作のネタバレ・あらすじ・キャストを公開!

ヒガンバナ1話視聴率とネタバレ予想!あらすじとキャストの感想と予告動画

家族のカタチドラマ1話視聴率・ネタバレ予想!あらすじとキャストの感想を公開

臨床犯罪学者火村英生の推理ドラマの1話視聴率予想!原作あらすじとネタバレ!

ダメな私に恋してくださいドラマ1話ネタバレ・視聴率予想!キャストの感想まとめ【予告動画付き

月9いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうあらすじ・キャストを公開!原作は存在するの?

怪盗山猫ドラマ1話視聴率とネタバレ予想!あらすじとキャストはいかに

スペシャリスト41話の視聴率とネタバレ予想!あらすじとキャスト公開

フラジャイル1話視聴率とネタバレ予想!あらすじとキャストを公開

新牡丹と薔薇視聴率予想・あらすじ・ネタバレ公開!キャストの感想まとめ【昼ドラ】

大奥最凶の女視聴率とネタバレ予想!キャストとあらすじと感想まとめ【第一部】

大奥悲劇の姉妹視聴率とネタバレ予想!キャストとあらすじと感想まとめ【第二部】