カテゴリー
ど根性ガエル 実写ドラマ

ど根性ガエル実写感想・評判・評価・キャストの起用まとめ

Sponsordrink

ど根性ガエル ドラマ 画像

ど根性ガエル実写化に対して、

ネット上で様々な評価がされていますね。

 

実写化といえば、デスノートや寄生獣、アイムホームなんかもそうですが、

最近日テレビ業界力を入れている企画でもあります。

 

もしかしたら、ほかにいい企画がないので、

仕方がなく漫画から引っ張ってきているかもしれません。

 

これはもしかしたら妥協なのか?

と、お考えの方ももしかしたら

いらっしゃるかもしれませんね、、、

 

しかし、今回の実写化ドラマど根性ガエルは

そんなことをまったく感じさせないクオリティで、

1回目の放送を終えました。

 

今後さらに活躍していくことが期待できます!

 

その根拠はなんなのかについて、

まとめさせて頂いたのでシェアしていきます!

 

ど根性ガエル実写化

ど根性ガエルを一度はアニメで見たことがある方かたしたら、

実写化することにかなりの衝撃と抵抗を感じた方がいたのではないでしょうか?

 

とくに、そう感じられる理由として考えられるのが、

 

  • ぴょん吉の再現方法
  • キャストの起用
  • 原作とのギャップ

 

などにより理由から違和感を感じられている方が

非常に多いのだと感じられます。

 

ということで、1つずつこの理由を見ていきましょう。

 

1、ぴょん吉の再現方法

ど根性ガエルの主演はヒロシではありますが、

平面ガエルのぴょん吉もヒロシの相方として、

とても重要なポジションにいます。

 

つまり、この2人の息が噛み合うか噛み合わないかで、

ドラマのクオリティがまったく違うものになるということです。

 

いったいどのようなCGで再現するのか、

多くの視聴者は疑問に思われていたと思いますが、

放送されたぴょん吉を見たところ、

とても素晴らしい演出がされていて驚きました。

 

とくに、前評判が高かった満島ひかりさんによる

ぴょん吉の声がかなりマッチしており、

ネット上でもかなり大きな話題を呼んでいます。

 

 

2、キャストの起用

なにげに豪華なキャストを起用している

実写ドラマど根性ガエル。

 

デスノートで一躍名を上げた松山ケンイチ

芸能一家出身の声優満島ひかり

ベテラン女優として名高い薬師丸ひろ子

元AKB48のセンター前田敦子

元宝塚のトップ娘役白羽ゆり

 

などなど。

 

キャストにかなり力を入れていることが

よくわかります。

 


 

たしかに、原作をしっかりと再現するには、

演技力がある俳優さんや女優さんに依頼した方が、

より素晴らしい作品に仕上がるのは間違いないと思いますが、

 

ぴょん吉のCG作成もあり、

なかなかコストがかかっているのではと、

気になるところですね。

 

しかし、それだけこの実写化ドラマ

ど根性ガエルに気合いが入っている

ということでもあると思います。

 

3、原作とのギャップ

原作と違い、ど根性ガエルドラマ実写化では、

漫画の世界から16年後の舞台を土台とした脚本が書かれています。

 

ヒロシとぴょん吉の設定は、

とくに16年後も変わっていないように見えましたが、

周りの京子ちゃん、五郎、ゴリライモといった、

キャストのキャラクター設定は、

まったく違うものになっていましたね。

 

ある意味、原作を知っている方からしたら、

新鮮でおもしろいと思いましたが、

まだ、原作を読んだことがない若い世代は、

勘違いしてしまいそうですね。

 

ただ、原作本もギャグ漫画なので、

そういった意味ではあまり影響はないと思いますが、

日本を代表する漫画の1つなので、

しっかりと後世にも伝わってほしいですね。

 

ど根性ガエル感想・評判・評価まとめ

これらの理由と視聴者の声をまとめた結果、

やはり多くの方からの支持を受けているのだと考えられます。

 

ドラマ放送前は、実写化されることが

どう考えても難しいという理由からネット上で不審がる方の

声がいくつか上がっていましたが、

 

今後は応援と賞賛の声が

どんどん増えていくのではないでしょうか。

 

とくに、満島ひかりさんに対する期待の声がかなり強いので、

今後のご活躍がとても楽しみですね。

 

カテゴリー
ど根性ガエル 実写ドラマ

ど根性ガエル前田敦子演技下手?感想・評判・評価まとめ

ど根性ガエル ドラマ 画像

ど根性ガエルの京子ちゃん役前田敦子さんの演技に

賛否両論があり、ネット上で騒がれています。

 

まだど根性ガエル1話の放送が終わったばかりなのに、

いったいどういった視点で評価され、評判が広がっているのか、、、

 

今回私なりの見解で前田敦子さんの

演技についてまとめてみました。

 

まずは、前田敦子さんが演じる京子ちゃんの

キャラクター設定から見ていきましょう!

 

バツイチダメ女京子ちゃん役の前田敦子さん

主演であるヒロシ(松山ケンイチ)にとっての

永遠のマドンナ京子ちゃん。

 

16年前は心優しい女の子でしたが、

16年後の京子ちゃんはバツイチダメ女の設定で登場します。

 

昔のように輝いていた京子ちゃんは

どこに行ってしまったのか、、、

 

歳を重ね、離婚を経験し、

なにか大切なものを失ってしまったかのように感じますね。

 

といった、少し難しい設定を演じるのですが、

前田敦子さんは結婚歴がないですし、当然離婚歴もありません。

 

いまとても旬なアイドルとして人気はあり、

視聴率は取れるかもしれませんが、

キャラクター設定として抜擢された理由は

正直、それ以外に見つからないというのも本音です。

 

しかし、前田敦子さんはAKB48卒業後、

数々の作品に出演することで、

女優としての演技力を磨いてきました。

 

以下、出演作品一覧です。

 

  • 一九〇五
  • 伝染病
  • あしたの私のつくり方
  • 那須少年記
  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
  • 苦役列車
  • クロユリ団地
  • ピカチュウとイーブイ★フレンズ
  • もらとりあむタマ子
  • seventh code セブンス・コード
  • エイトレンジャー2
  • 神さまの言うとおり
  • さよなら歌舞伎町

 

 

AKB48出身ということで、演技に対してあまり良い評価を

頂くことができていない前田敦子さんではありますが、

たくさんの作品で演技の経験し、日々勉強をしていくなかで、

レベルが確実に上がっていっていることはたしかです。

 

さらにいえば、努力家で知られる前田敦子さん、

演技の勉強のために一日中映画館にこもって

研究をしていたこともあったんだとか。

 

AKB48出身ということで、

アイドルとしか見られないのは嫌だったんでしょうね。

 

こういった努力を日々続け、

少しずつでもいいから向上していこうという

姿勢は素晴らしいと思います。

 

いまは、ネット上で前田敦子演技下手など言われてますが、

そんな戯言言ってられないくらいの大女優に進化するのも

時間の問題なのではないでしょうか。

 

まだまだ若手の女優なので、

今後の成長とさらなる飛躍に期待しかないですね。

 

今後のドラマど根性ガエルの見所としては、

ゴリライモとヒロシと京子ちゃんの

三角関係がどのように進展していくのか、

そして、ダメ男ヒロシがどのように更生していくのか、、、

 

この2つのポイントが見ものですね。

これから毎週見逃せません!

 

 

カテゴリー
ど根性ガエル 実写ドラマ

ドラマど根性ガエルよしこ先生(白羽ゆり)が魅力的な理由とは?

ど根性ガエル ドラマ 画像

ど根性ガエルの放送がスタートしましたね!

それぞれ個性的なキャラクターがいるなかで、

一際魅力的なオーラを放っていた方がいましたね。

 

そう、よしこ先生(白羽ゆり)です。

 

ど根性ガエル ドラマ 画像

転用:http://ameblo.jp/yuri-shirahane/

 

宝塚娘役トップを演じていた

 

白羽ゆりさんは、姉の影響で宝塚のベルサイユのバラを見て、

白城あやかさんのようになりたいと目指し始またそうです。

 

そして、宝塚を見ているだけでは我慢できなくなり、

受験しようと決意したそうです。

 

それから、歌にバレエに稽古を続け、

見事宝ジャンヌになられました。

 

以下の白羽ゆりさんが演じている姿を見て頂ければ、

とても魅力的で素晴らしい演技をされているのがよくわかると思います。

 

栄養バランスのとれた食事

 

ど根性ガエルだけでなく、

ミュージカル『ピーターパン』や、雑誌の取材など、

幅広く活躍されている白羽ゆりさんは、

多忙のなかで、体を壊さないようにするために、

栄養バランスのとれた食事をしっかりと摂られています。

 

ど根性ガエル ドラマ 画像

転用:http://ameblo.jp/yuri-shirahane/

 

ど根性ガエル ドラマ 画像

転用:http://ameblo.jp/yuri-shirahane/

 

やはり、しっかりと体のバランスを考えて

食事を摂るのはプロとして素晴らしいですね。

 

これだけの美貌を保ちつつ、しっかりと仕事をこなしている

白羽ゆりさんの秘密の1つは、この栄養バランスの摂れている

食事と言っても過言ではないでしょう。

 

1つだけ気になるのが、、、

 

原作のど根性ガエルから16年後のストーリーということは、

いったいよしこ先生は何歳の設定なのでしょうか?

 

なかなかいい歳だとは思いますが、

白羽ゆりさんはそんなことはまったく感じさせず、

むしろ大人の色香をまとった素晴らしい演技を見せてくれています。

 

毎回登場されるときの白羽ゆりさんのお色気シーンが

今後ど根性ガエルを見ていく上で、1つの楽しみになりそうですね。

 

ど根性ガエル1話でヒロシが宣言したように、

ヒロシと京子ちゃんが結婚できるかどうかも気になりますが、

よしこ先生と梅さん(光石研)が、結婚できるかどうかもしっかりと見届けないとですね。

 

16年間積み上げてきた想いをここでしっかりと遂げてほしいです。

 

なんにせよ、今後のドラマど根性ガエルの放送が

見逃せませんね!!

 

カテゴリー
ど根性ガエル 実写ドラマ

ど根性ガエルドラマ感想評価声優の満島ひかりさんが素晴らしい!

ど根性ガエル 実写ドラマ 画像

ヒロシ(松山ケンイチ)は、離婚して地元に帰ってきた京子ちゃん(前田敦子)に

いきなりプロポーズをかますという荒業をした結果、

 

「最低」

「人間のクズ」

「馬鹿、ガキ」

「16年間あんたなにやって生きてきたのよ。」

 

と、罵声を浴びせられる始末、

とことんダサい男ですね、、、

 

さすがのぴょん吉も泣けてきたみたいです。

 

「私ゴリライモくんのところの工場で働くの。

 ゴリライモくん変わったわね、大人になった。」

 

と、大人になったゴリライモに

好意を寄せる京子ちゃん。

 

これは、このままゴリライモと、

お付き合いして結婚してしまうのでは、、、

 

たしかにヒロシはいいやつだけど、

経済力のなさとおつむの悪さは、

根性だけではどうにもならないですよね。

 

そして、ヒロシは公衆の面前で

こんなことを口走ったのです。

 

「俺はど根性で行く。このままじゃいやなんだ。」

 

「俺はいまここで宣言する!」

 

「見とけよみんな!

俺はど根性で必ず京子ちゃんと結婚するぞ!諦めねえぞ俺は!」

 

と、まあこんな大きな口を叩いていたのですが、

京子ちゃんからしたら、成長しないやつだなと、

思われたに違いありません。

 

口で言うのは簡単です。

 

しかし、実際のところしっかりと行動で示すかどうか、

ど根性ガエル2話でのヒロシが見ものですね。

 

もうすぐ寿命のぴょん吉

 

ドラマの随所で自分の命は

あとわずかだということを伝えてくるぴょん吉。

 

なんだかドラマのラストシーンが

少し予想できてしまいましたがなんだか切ないですね。

 

ただ、1つ言えるのは、

ぴょん吉を鮮明に再現した映像の力と、

声優である満島ひかりさんの力強い声の演出。

 

主演の松山ケンイチさんに負けないくらいの存在感を感じます。

 

原作を知らない若い人たちにも、

しっかりとぴょん吉の姿を演出し、

当時のアニメをドラマというまた違った形で

再現できているのではないでしょうか。

 

また、カメレオン俳優こと、

松山ケンイチさんの演技力も素晴らしいですよね。

 

映画デスノートのときに演じたLとは違い、

今回の役柄はとてもひょうきんで

ちょっとおバカな役柄なのですがしっかりと演じきっています。

 

ドラマの全体としての完成度はとても高いのではないでしょうか。

 

週末の放送ということもあり

これからどんどん視聴率が伸びていきそうですね。

 

乞うご期待!!

 

 

カテゴリー
ど根性ガエル 実写ドラマ

ど根性ガエル視聴率速報・1話実写感想評価はいかに?/前田敦子

ど根性ガエル ドラマ 画像

ど根性ガエル1話を

あなたはご覧になられましたか?

 

初回放送の視聴率は13.1%となかなかのスタート!

ネット上での評価もなかなか高い実写ドラマど根性ガエルは、

これから注目されること間違いなしなのではないでしょうか。

 

昭和の代表的アニメとして、とても有名など根性ガエルは、

多くの方にとって、とても懐かしく、

そして安心する作品の1つなのではないでしょうか。

 

今回の実写ドラマど根性ガエルの一番の見所であり特徴は、

アニメの頃から16年後のお話であるというところですね。

 

30歳になっても昔とまったく変わらないヒロシ(松山ケンイチ)は、

ダメ人間というレッテルを貼られ、仕事もせずに毎日ブラブラしています。

 

もちろん、困ったときにいつも助けてくれる

平面ガエルのぴょん吉も一緒です。

 

しかし、ヒロシの周りは、時代とともに成長していき、

ヒロシだけが取り残されていっていました。

 

昭和の人気アニメが実写として蘇り、

そのあとのストーリーが描かれる実写ドラマど根性ガエル。

 

今回は1話のお話の内容をシェアしていきます!

 

ど根性ガエル1話あらすじ

一番変貌し、変わっていたのは、

元ガキ大将のゴリライモでした。

 

なんと、ゴリラパンという商品をトラックで販売していると思ったら、

実は社長として会社を経営しているようなのです。

 

さらに、昔の風貌からは考えられないくらい

スマートでいい男になっています。

 

かつてはいじめっ子だったゴリライモではありますが、

人間というのはここまで変わるものなんですね。

 

選挙にも出馬しようとする姿には、

男らしさを感じました。

 

それに引き換え、ヒロシは、、、

 

30歳で職なしのテキトー男をしているようでは、

なんだか見ていていかわいそうになってきました。

 

こんな男のめんどうを見なければいけないなんて、

ど根性ガエルのぴょん吉も大変ですね。

 

そんななか、ぴょん吉がこんなことを呟きました。

 

「なんで俺は16年も生きているんだ」

 

通常のアマガエルの寿命は4年なので、

そう考えるのもわかります。

 

しかし、ヒロシの母が、

 

「そんなこと言ったら、なんで平面ガエルになって

日本語しゃべってるんだって話になるよね。」

 

なんて言い返していましたね。

 

最初からこのお話はフィクションなので、

そんなことに悩むこと自体おかしな話です。

 

「ヒロシがダメになったのは俺のせいかな、

俺が助け過ぎたからかな。」

 

ど根性ガエルという名前の割には、

結構悲観的な考え方ばかりしますね。

 

そんななかヒロシの母は、

 

「ヒロシはいま大人になろうとしている

大事な時期なんだ。」

 

どんなバカ息子だったとしても、

自分が腹を痛めて産んだ子供だからこそ、

なんとしても自立した大人になってほしい。

 

そんな想いを感じる言葉ですね。

 

ヒロシ最愛の女性

 

ヒロシが昔から大好きだった京子ちゃん(前田敦子)が、

故郷に帰ってきたことを知ったヒロシは、

離婚して傷ついている彼女を励ますためにあることをしました。

 

そのあることというのが、、、

 

ヒロシの行動の続きはこちらから