5→9キャスト寺田心の父親は誰?嫌い・あざといと言われる理由

Sponsordrink

5→9〜私に恋したイケメンすぎるお坊さん〜 画像

寺田心さんが5→9のキャストとして

出演することが決定しました!

 

とは言っても、寺田心さんがどういった子役なのか、

あまりご存知ない方がいるかもしれませんね。

 

ということで、今回は寺田心さんに

フォーカスした内容をシェアしていきたいと思います!

 

寺田心とはいったいどんな子役なの?

今年の春に公開されていた

ドラママザーゲームにも出演していた寺田心さん。

 

決してルックスが可愛いとは言えない寺田心さんではありますが、

その素朴な感じと、すごく丁寧な先輩の芸能人に対する対応で人気が出ています。

 

キャラクターとしてある意味設定されているのかもしれませんが、

バラエティ番組に出演している寺田心さんに対して、

「あざとい!」と言って批判している視聴者もいるみたいですね。

 

子役として生き残っていくうえでこういった戦略は大切だと思いますが、

小さな子供だからこそ、「あざとい!」と思われる方がいるのかもしれませんね。

 

しかし、可愛くて演技がうまいだけでは

これからの芸能界では生き残れないのは確かだと思います。

 

最近ですと、神木隆之介さんが子役出身にもかかわらず、

映画るろうに剣心やドラマ学校のカイダンなどで活躍されているのを見ますが、

神木隆之介さんのように芸能界で生き残り続けることができる方は多くありません。

 

子役としての商品価値から、新しい俳優やタレントとしての

新しい付加価値を生み出すのは大変なことだと思います。

 

もちろん、本人のやる気次第でもあるのですが、

一番は視聴者から求められる存在になり続けることができるかどうか、

ここはある意味神から授かった天性のような才能がないとなかなか難しいところです。

 

また、子役のときに大きな活躍をしてしまうと、成長して大人になってから、

その実績が重くのしかかってくることもあります。

 

なぜなら、子役の頃と比較して俳優を見てしまうので、

一番輝いていたときと人間はどうしても比較してしまうからです。

 

女優やスポーツ業界なんかもそうですよね。

 

年齢を重ねれば劣化と言われますし、

一度オリンピックでメダルを獲得してちやほやされたとしても、

次のオリンピックでメダルを獲得できなかったら誰一人として

注目してきません。あっても、負け犬ドキュメンタリー番組という

よくある企画をテレビのディレクターからオファーを受けるくらいです。

Sponsordrink

 

成功していくのがほんの一握りしか残らないからこそ、

子役として、活躍してほしいですよね!

 

寺田心と父親の関係が複雑だった件

実は寺田心さんには父親がいないんそうなんです。

 

バイキングという番組で坂下忍さんが、

お父さんのことを聞いたシーンがあったのですが、

そのときに寺田心さんは、

 

「おとうさんはいないんです。」

と、発言したそうです。

 

とても切ないシーンですよね。

 

詳細を調べたのですが、

ネット上には詳しいことは書かれていませんでした。

 

マザーゲームやCMで家族で出演するものがあるので、

イメージを崩さないために公開しているのか、

寺田心さんのことをおもって公開したいないのかはわかりませんが、

おそらく、これは事実であると思われます。

 

. 人間天国、ベン地獄 #リトルベン #寺田心

@mime0216が投稿した動画 –

そういったバックグラウンドがあるからこそ、

バカ丁寧な対応を大人に見せるような

一風変わったキャラクターを確立できているかもしれませんね。

 

まとめ

芸能界は子役のサイクルが早いということが言われていますが、

横山歩くんや寺田心くんには、これから成長していくなかで、

さまざまな年代でのキャラクターのポジションを確立し、

安達祐実さん山下智久さんのように芸能界で長期的に活躍してほしいですよね。

 

また、5→9での石原さとみさん中村アンさん吉本美優さん

速水もこみちさん紗栄子さん恒松祐里さん古川雄輝さんとの演技も楽しみですね!

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ