逢沢りなの過激なセリフは美和子の病気が原因なの?愛憎劇の悲劇の結末とは【昼ドラ新牡丹と薔薇】

Sponsordrink

逢沢りな 画像

転用:http://www.logsoku.com/

新牡丹と薔薇が好評放送中ですね。そんななか、あの小沢真珠さんを彷彿される美和子役を演じる逢沢りなさんの過激なセリフが話題になっていますね。

 

では、いったいなぜ美和子はそういった言葉を発するようになってしまったのか、今回はそのバックグラウンドについて解説していきたいと思います!

 

逢沢りなの過激なセリフは美和子病気が原因なの?

逢沢りな演じる小日向美和子は、姉のぼたんが自分の身代わりになってナイフで刺殺され、自宅とともに焼かれてしまったという辛い過去を持っており、その事実を目の当たりにしたことで、PTSDという心的外傷後ストレス障害になってしまったことが、過激なセリフを発言してしまう原因だと考えられますね。

 

事実、異常なまでの愛情を富貴子に対して抱いていますからね。過去のトラウマのような出来事によって、大きな心理的ストレスがかかり、恐怖や無気力感のなかでも、あるとき過度な覚醒をしてしまうといった、障害が起きるようです。

 

もう死んでしまってこの世界にはいないぼたんの幻影を富貴子に投影している美和子の姿は、狂気に満ちた様のなかに、どこか寂しさを感じますよね。まるで、血の通っていない人形を、自分の思い通りに動かしているわがままな5歳児の女の子のように見えます。

 

体の傷というのは、放っておけば治りますが、心の傷はどんなに時間が経っても治らないものがあります。ましてや、最愛の姉を失ったという悲しみと痛みは、美和子にとって大きな心理的苦痛を与えたのは間違いないことでしょう。

 

おそらく、美和子があれだけの過激なセリフを発言する理由は、そういったバックグラウンドから出てくる言葉なのではないかなと思います。病気が原因で、「この役立たずのメス豚が!」と発言してしまうんですから、すごいですよね。小沢真珠さんに匹敵するほどの迫力がそこにはあると思います。

 

愛憎劇の悲劇の結末とは

今後新牡丹と薔薇はどのような結末を迎えるのか…完全無血の愛憎劇の非劇の結末を少し予想してみたいと思います。

 

自分の本当の娘が富貴子であると知った真澄と、本当の姉であると知った美和子は、富貴子を小日向家に呼ぶのですが…そこで待ち受けていたのは、美和子による強い束縛。異常なまでの愛情があるがゆえに、富貴子をがんじがらめにしていく美和子。

 

その束縛に耐えることができず、二人のなかに軋轢が生まれ始めたときに、実は富貴子が、ぼたんを殺した男多摩留の親である吉田家の養子であったことを知り、さらにそこから憎悪が生まれてお互いの仲がますます悪くなっていく…

 

といった流れになるのかなと思いますね。少しざっくりとして予想ではありますが、おそらく、富貴子がかなりかわいそうなことになると思います。

 

その物語展開があるから面白いのですが、黛英里佳には少し気の毒な役柄になりそうです。

#逢沢りな <3

@tusna2724が投稿した写真 –

Sponsordrink

まとめ

新牡丹と薔薇の内容も、やっと薔薇のトゲが出始めて面白くなってきましたね。ぼたんと薔薇はどちらも美しく、色鮮やかに咲く花ではありますが、お互いに傷つけ合い、交わることができずにいる、かわいそうな花でもあります。そんなぼたんと薔薇がこれからどんなドラマを展開していくのか…楽しみですね^^

 

関連記事一覧

新牡丹と薔薇視聴率予想・あらすじ・ネタバレ公開!キャストの感想まとめ【昼ドラ】

新牡丹と薔薇18話あらすじ・ネタバレ・感想・19話予告まとめ

新牡丹と薔薇19話あらすじ・ネタバレ・感想・20話予告【昼ドラ】

新牡丹と薔薇20話あらすじ・ネタバレ・感想・21話予告【昼ドラ】

新牡丹と薔薇22話あらすじ・ネタバレ・感想・23話予告【昼ドラ】

新牡丹と薔薇23話あらすじ・ネタバレ・感想・24話予告【昼ドラ】

新牡丹と薔薇24話あらすじ・ネタバレ・感想・25話予告【昼ドラ】

 

逢沢りな関連記事

逢沢りなやりたい演技は?熱愛彼氏の噂と身長・体重・スリーサイズカップ数はいかに!

逢沢りながかわいいと言われる3つの理由とは【昼ドラ新牡丹と薔薇】

 

黛英里佳関連記事

黛英里佳牡丹と薔薇で髪型が変化!一人二役をこなす理由とは【昼ドラ新牡丹と薔薇】

黛英里佳カップ数・体重・身長・Wiki情報と熱愛彼氏の噂とは【昼ドラ新牡丹と薔薇】

黛英里佳のキスシーン&水着がかわいいのと演技が下手な理由とは!【秘密のケンミンSHOW】

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ