真田丸18話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『上洛』

Sponsordrink

真田丸 画像

転用:https://twitter.com/

真田丸18話ネタバレ・あらすじ

信繁からの文に対しても、昌幸は「上洛はせん」と頑な態度を変えない。

 

そんな昌幸のところへ、直江兼続が訪れ「一刻も早く上洛せよ」と圧力をかける。そんな中、母とりから「ウソでもいいから頭を下げなさい。

 

秀吉に陰りが見えたら、寝首をかけばよろしい」と言われ、上洛を決意する。上洛した昌幸一行はぞんざいに扱われる。信繁は、茶々に取り次いでもらい、秀吉に直談判する。

 

功を奏し、昌幸らは秀吉との謁見が叶う。だが、そこで「徳川の与力となれ」と、実質、徳川家康の臣下となるよう命じられる。落胆する昌幸。

 

そんな中、信繁は記憶の戻らない松を昌幸等に引き合わせる。松の記憶が蘇り、家族との再会を果たす。

 

昌幸等は、家康のいる駿府城を尋ね、屈辱的にも「家康の与力としてお力添えいたす」と言い、頭を下げる。

 

感想

真田丸18話『上洛』では、上洛か否かで葛藤する真田昌幸(草刈正雄)の姿が印象的でした。

 

真田の周囲の大名は、北条以外のほとんどの大名が羽柴秀吉(小日向文世)に従っている状況でした。

 

ここで秀吉に逆らえば、長宗我部家、島津家、北条家のように攻め込まれていたでしょう。秀吉の圧倒的な力の前に戦って死ぬか、頭を下げて大名となるかの選択を迫られます。

 

事実、北条氏政は最後まで秀吉に従わず、滅びています。一度決断を間違えれば、滅びる戦国時代。己のプライドを捨て、頭を下げなければならないことを理解している昌幸ですが、決断を下せず苦悩します。

 

そんな昌幸を動かしたのが、上洛を求める息子信繁(堺雅人)からの文でも、上杉家家臣の直江兼続(村上新悟)の上洛を促す説得でもなく、母とり(草笛光子)の言葉でした。

 

とりは「嘘でもいいから頭を下げなさい。真田はこうやって生き延びてきた。下手に出て牙を隠して爪を隠して、秀吉に陰りが見えたら、この先秀吉の勢いに陰りが出てきたら寝首をかけばよろしい、卑怯者で何が悪い」と昌幸に言い聞かせます。

 

この言葉で昌幸は秀吉に臣従することを決断します。これまでの昌幸は、自分を曲げて、秀吉に臣従し、もしその決断が間違っていたら自分には時間がないと考え、焦燥感から決断できなかったのかもしれません。

 

上洛した昌幸は、大坂でも苦渋をなめることになります。三成(山本耕史)には、昌幸の用意した献上品に「総じて色味が悪すぎる」などとケチをつけられ、大坂城では、秀吉ではなく秀次に拝謁するのみでした。

 

そこで、信繁は、秀吉に直談判し、何とか秀吉との謁見が叶いますが、秀吉からは、「徳川の与力となれ」と、実質、徳川家康(内野聖陽)の臣下となるよう命じられます。

 

これを受け、昌幸は、信繁等に「儂はどこで間違えた。ここまで死力を尽くして戦ってきた。その挙句、辿り着いたのは、秀吉の家来となった家康のそれまた家来。

 

こんなことがあるか」と信繁等に呟きます。この呟きは、武田信玄と言う名将に仕えた昌幸の誇り高き男の呟きであり、真田丸18話『上洛』の最も印象的な場面でした。

 

まとめ

真田丸18話『上洛』では、真田昌幸の苦悩以外にも信繁の言動にも驚かされました。

 

信繁は、秀吉に直談判した際、「遅れた父にも落ち度はあります。だが父にも誇りがあります。お目通りが叶わなければ出仕したことにはなりませぬ。父は帰り次第戦支度をするつもりです。真田を敵に回すのは得策ではございませぬぞ。

 

伊達、北条と手を組み、徳川を味方に引き入れ、いずれは強大な敵となって殿下の御前に立ちはだかるはず。」と言ってのけます。

 

秀吉は「儂を恫喝しておるのか」と言い返しますが、信繁は「恫喝しております」と返答します。この発言は、下手をすれば首が飛んでしまいます。

 

これが秀吉ではなく信長であれば、間違いなく首が飛んでいたでしょう。しかしながら、さすがは信繁。秀吉の人間性を熟知しています。

 

人ったらしと言われた秀吉ですが、信繁も相当の人ったらしです。人に好かれることは乱世を生き抜く上で、必須の武器だったのではないでしょうか。

 

関連記事一覧

真田丸17話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『再開』

真田丸16話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『裏表』

真田丸千利休役桂文枝は不倫騒動で話題に!経緯を調べてみた

真田丸14話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『大坂』

真田丸13話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『決戦』

真田丸星野源が徳川秀忠としての演技が高評価を獲得できる3つの要因とは

真田丸梅が戦死する?13話決戦でのストーリーを予想してみた!

真田丸12話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『人質』

真田丸人質となった信繁が景勝の信頼を得る策略とは

真田丸11話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『祝言』

真田丸オープニング曲の吹奏楽がカッコイイ3つの理由

真田丸梅(黒木華)の演技力の評価が高い3つの理由

真田丸10話あらすじ・ネタバレ・感想まとめ『妙手』

真田丸徳川と北条が手を結んだ3つの理由とは

真田丸ピアノ担当に辻井伸行が選ばれた3つの理由

真田丸出浦昌相役の寺島進がかっこいいと言われる3つの理由

Sponsordrink

真田丸後藤又兵衛役に哀川翔が選ばれた3つの理由とは

真田丸9話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『駆引』

真田丸きりの生涯は?実在したのは側室と正室のどっちなのか調べてみた

真田丸春役に松岡茉優が選ばれた3つの理由

真田丸3話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸8話ネタバレ・あらすじ・感想『調略』

真田丸長澤まさみムカつく・ウザい・イラつくと言われる3つの理由

真田丸7話『奪回』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸キャスト小山田茂誠(高木渉)の演技が絶賛されている3つの理由

真田丸2話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸上杉景勝役の遠藤憲一の演技の評価を検証してみた!

真田丸大谷吉継役に片岡愛之助が選ばれた3つの理由

真田丸6話『迷走』ネタバレ・感想・あらすじ・高評価につながった理由を考察

真田丸大泉洋かっこいい?評判・感想・ミスキャストと言われている理由を検証してみた

真田丸茶々役に竹内結子が選ばれた3つの理由

真田丸石田三成役に山本耕史が選ばれた3つの理由

真田丸松の生涯は身投げして終わり?記憶喪失の真相をネタバレ!【木村佳乃】

真田丸視聴率速報5話の評判と低下しなかった理由を考察

真田丸5話『窮地』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸徳川家康キャスト内野聖陽が選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸堺雅人演技下手軽いと言われている3つの理由【真田信繁の大河ドラマ】

真田丸草刈正雄かっこいいと言われる3つの理由とは?【大河ドラマ】

真田丸豊臣秀吉キャスト小日向文世が悪役に選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸4話『挑戦』ネタバレ・視聴率・高評価につながった理由とは

真田丸梅きりの三角関係の結末予想!黒木華と長澤まさみに迫る

真田丸明智光秀に岩下尚史が選ばれた3つの理由とは【本能寺の変】

真田丸キャスト長澤まさみ役しわで劣化?演技がかわいいと言われている理由【下手】

 

Sponsordrink

サブコンテンツ

このページの先頭へ