真田丸14話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『大坂』

Sponsordrink

真田丸14話 画像

転用:http://news.yahoo.co.jp/

真田丸14話ネタバレ・あらすじ

第一次上田城合戦後、信繁は春日城に戻り、上杉景勝に報告する。

 

徳川家康は、再度、真田へ攻め込もうとしていた。

 

ところが、徳川の家臣石川数正は豊臣側に寝返り、徳川は真田との戦いどころではなくなった。

 

そんな中、近畿を中心とした地震が起こり、豊臣は復興を行わざるを得ず、家康は窮地を脱した。

 

真田信尹は牢に囚われているにも関わらず調略により、石川数正を裏切らせたことを知った家康は、「そなたを従えたい」と言い、裏切ることを承諾した上で召し抱える。

 

天下取りに動いた秀吉は、全国の大名に降伏を求めた。そんな中、上杉景勝も上洛を決断し、信繁を同行に誘う。秀吉から上洛を求められていた昌幸は信繁に秀吉の真意を探らせようとする。

 

大阪城で信繁は秀吉に会えると言われ、部屋に通される。部屋に突然秀吉が現れ、屏風の後ろに隠れた秀吉に促され、何故か信繁も隠れることに…

 

感想

真田丸14話『大坂』では、羽柴秀吉(小日向文世)が登場します。

 

秀吉は、全国の有力大名に降伏を求めており、北条氏政(高嶋政伸)は、上洛を拒否し、「会いたければこちらにやってこい」と言い、降伏を拒否します。

 

一方、真田昌幸(草刈正雄)は「先送りにする」と判断し、結論を保留にします。彼らは、織田信長には頭を下げていましたが、秀吉には態度を硬化させています。

 

北条氏政が秀吉に頭を下げなかった理由として、北条家と徳川家は血縁関係による同盟を結んでいました。

 

家康と秀吉が敵対している中、秀吉に頭を下げる選択肢はなかったのでしょう。

 

また、百姓上りの秀吉に頭を下げるのはプライドが許さなかったのかもしれません。

 

しかしながら、その決断は誤っており、北条家は、1590年の小田原征伐で秀吉に滅ぼされます。

 

九州征伐での島津家、四国征伐での長宗我部家は、本領を安堵されているにも関わらず、北条家は、領土を没収され、北条氏政は切腹を命じられました。

 

これも家康と血縁関係にあった北条家を存続させると豊臣家にとって脅威となると考えたからかもしれません。

 

一方、決断を保留にした昌幸ですが、後に秀吉に服従し、上杉家と同様、豊臣政権下で本領を安堵されます。

 

真田丸14話『大坂』の中で景勝は「越後の民を守る必要がある。

 

だが、自分が嫌になる。『義』に生きると言いながら、やっていることは『長い物に巻かれる』だけではないか。」と言っています。

 

この上杉家の信条である『義』とは、正しい道、道理にかなったこと、利害を捨てて条理に従うことです。

 

一方、『長い物に巻かれる』とは、目上の者や勢力の強い相手とは争わないで、それに従った方が得策との意味です。

 

『義』を重んじる上杉家であれば、織田信長の後継者である秀吉に頭を下げるのは至難の業です。しかし、それを覆してまでも秀吉に下る決断をした上杉景勝の器の大きさ、男として魅力的でしたね。

 

まとめ

真田丸14話『大坂』では、家康を裏切り秀吉に寝返った石川数正(伊藤正之)は信繁に「信尹にそそのかされた」と恨みを言います。

 

信繁は「そそのかされた方が悪いのでは。最後に決めたのは自分ですから。

 

でも、もう仕方がありません。裏切ってしまったのですから。先が読めないのは、誰しもそうです。

 

そして、それが善や悪であるとは判断できません。とりあえず先に進みましょう」と説諭します。

 

この場面では、決断の責任は、常に自分にあると言っていますが、正にその通りです。

 

上杉家と北条家の決断の違いにより、運命が大きく分かれました。現代社会においても多くの選択から決断を迫られており、その決断の責任は、常に自分にあります。

 

決断力を磨き、誤った選択肢を選ばない力が個人の力=能力として評価されるのは、いつの時代も変わらないかもしれません。

 

関連記事一覧

真田丸13話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『決戦』

真田丸星野源が徳川秀忠としての演技が高評価を獲得できる3つの要因とは

真田丸梅が戦死する?13話決戦でのストーリーを予想してみた!

真田丸12話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『人質』

真田丸人質となった信繁が景勝の信頼を得る策略とは

真田丸11話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『祝言』

真田丸オープニング曲の吹奏楽がカッコイイ3つの理由

真田丸梅(黒木華)の演技力の評価が高い3つの理由

真田丸10話あらすじ・ネタバレ・感想まとめ『妙手』

真田丸徳川と北条が手を結んだ3つの理由とは

真田丸ピアノ担当に辻井伸行が選ばれた3つの理由

真田丸出浦昌相役の寺島進がかっこいいと言われる3つの理由

真田丸後藤又兵衛役に哀川翔が選ばれた3つの理由とは

真田丸9話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『駆引』

Sponsordrink

真田丸きりの生涯は?実在したのは側室と正室のどっちなのか調べてみた

真田丸春役に松岡茉優が選ばれた3つの理由

真田丸3話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸8話ネタバレ・あらすじ・感想『調略』

真田丸長澤まさみムカつく・ウザい・イラつくと言われる3つの理由

真田丸7話『奪回』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸キャスト小山田茂誠(高木渉)の演技が絶賛されている3つの理由

真田丸2話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸上杉景勝役の遠藤憲一の演技の評価を検証してみた!

真田丸大谷吉継役に片岡愛之助が選ばれた3つの理由

真田丸6話『迷走』ネタバレ・感想・あらすじ・高評価につながった理由を考察

真田丸大泉洋かっこいい?評判・感想・ミスキャストと言われている理由を検証してみた

真田丸茶々役に竹内結子が選ばれた3つの理由

真田丸石田三成役に山本耕史が選ばれた3つの理由

真田丸松の生涯は身投げして終わり?記憶喪失の真相をネタバレ!【木村佳乃】

真田丸視聴率速報5話の評判と低下しなかった理由を考察

真田丸5話『窮地』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸徳川家康キャスト内野聖陽が選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸堺雅人演技下手軽いと言われている3つの理由【真田信繁の大河ドラマ】

真田丸草刈正雄かっこいいと言われる3つの理由とは?【大河ドラマ】

真田丸豊臣秀吉キャスト小日向文世が悪役に選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸4話『挑戦』ネタバレ・視聴率・高評価につながった理由とは

真田丸梅きりの三角関係の結末予想!黒木華と長澤まさみに迫る

真田丸明智光秀に岩下尚史が選ばれた3つの理由とは【本能寺の変】

真田丸キャスト長澤まさみ役しわで劣化?演技がかわいいと言われている理由【下手】

 

Sponsordrink

サブコンテンツ

このページの先頭へ