真田丸12話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『人質』

Sponsordrink

真田丸 景勝 画像

転用:http://www.oricon.co.jp/

真田丸12話『人質』あらすじ

室賀正武を返り討ちにして、信州小県を平定した昌幸は、家康と手を切り、上杉と手を結ぶため密かに画策していた。

 

昌幸から書状を受けた上杉景勝は、一度裏切られていることから、信繁を人質に出すようにとの厳しい条件を提示する。

 

信繁は、祝言の一件もあり、昌幸との距離置きたいと思案していたこともあり、人質になることを承諾する。上杉の人質となった信繁は、上杉の春日山城へ入る。

 

ここで信繁は、景勝の義を重んじる精神に惹かれていく。一方、家康は、小牧長久手の戦いにおいて秀吉軍を破り、その名を天下に轟かせていた。

 

家康は、刺客として送り込んだ室賀正武の策略が失敗に終わったことから、北条を押さえるための策略を練り直していた。

 

そんな中、昌幸から手切れの書状が届く。敵となった真田のために上田城を築城させられたことに激怒した家康は、真田討伐の兵を挙げる。

 

真田丸12話『人質』ネタバレ・感想

沈黙の景勝

真田丸12話『人質』で上杉景勝(遠藤憲一)は、先代上杉謙信の位牌が置かれた仏間で真田信繁(堺雅人)に「上杉家は義のある戦いしかしない」と言い放ちます。

 

信繁は、「義を忘れ、私欲のためだけに生きると人はどうなるのか」と景勝に尋ねたところ、景勝は、天下を取りながらも家臣に裏切られた織田信長の惨めな最後を例に挙げて「死に様は、生き方を映す鏡。おのれに恥じぬよう生きるのみじゃ」と答えます。

 

景勝の言葉には、まさに義を重んじる上杉家の当主としての言葉の重みを感じました。その上杉景勝とは、どのような人物だったのでしょう。

 

上杉景勝は、越後の名門、上杉家の17代目の当主です。叔父の上杉謙信は軍神として知られる人物です。

 

景勝の立場は、謙信の養子であり、その家督相続(御館の乱)には多くの血が流れています。家督相続後は、織田軍に攻め込まれ、壊滅寸前まで追い込まれますが、本能寺の変で信長が自害したことにより、九死に一生を得ます。

 

前述した言葉で信長の死を反面教師とする辺り、他の戦国武将とは一線を画しています。

 

景勝の性格は非常に無口であり、感情を表に出すことなく、家臣の前では絶対に笑わないことでも有名でした。

 

唯一笑ったのは、景勝の飼っていたサルが景勝のいつも座る場所に勝手に座った時のこと。そのサルは景勝のモノマネを始めます。

 

その仕草のおかしさに景勝が笑ってしまった。これが家臣に見せた唯一の笑顔だったと伝えられています。

 

笑顔を見せた瞬間が逸話になる程、謹厳実直であった景勝は、ヨーロッパの古い格言である「沈黙は金、雄弁は銀」の格言を地で行くことのできる沈黙の重みを理解した人物だったのかもしれません。

 

信繁からは、父真田昌幸(草刈正雄)と正反対の景勝が新鮮に映ったに違いありません。

 

雄弁の信繁

一方、信繁は、景勝とは対照的に雄弁な人物です。第11話『祝言』では、梅(黒木華)との結婚を反対する母薫(高畑淳子)を信繁は攻略しようと策を練りますが、失敗に終わります。

 

その際、母薫に「あなたは弁が立ちすぎます」と諌められていることから、相当弁が立つ人物です。

 

第12話で信繁は、漁場を巡り対立する二人の漁師を「鉄火起請(てっかぎしょう)」により裁定する場面に遭遇します。「鉄火起請(てっかぎしょう)」とは、熱せられた鉄の棒を握り、先に落とした方の訴えが棄却され、さらに処刑されるという過酷な儀式です。

 

信繁は、この儀式によって揉め事を解決しようとしていた奉行に対して中止するように促しますが、奉行は聞く耳を持ちません。

 

そこで、信繁は、意見の対立した奉行と「鉄火起請」により、裁定するように提案します。奉行からすれば、負ければ処刑される「鉄火起請」で裁定するなど絶対に避けなければなりません。

 

案の定、奉行は直前で臆してしまい信繁の意見を飲んでしまいます。信繁から見れば、簡単な折衝だったのでしょう。信繁は、漁師に一日おきに漁場の使用権を入れ替える提案をします。

 

が、漁を知らない信繁の提案は、若干的が外れていました。雄弁なあまり、少し出過ぎてしまった感があります。ここで、景勝は、漁場の浅瀬と深瀬を潮の変わり目で漁を交代するように提案し、漁民たちは納得します。

 

寡黙な景勝と雄弁な信繁が融合した瞬間でした。

 

まとめ

真田丸12話『人質』では、人が重なり合うことによる相乗効果を感じさせられる一話でした。人は有能な人物との出会いにより、成長し高め合うことができます。

 

信繁は、上杉家の人質となったことで景勝と行動を共にし、お互いを高め合っていきます。家康も織田家に人質となったことで信長と出会い、お互いを高めていきました。

 

現実社会においても、自分に無いものを持っている有能な人物との出会いは、何より得難いものではないでしょうか。

 

また、人との出会い以外でもドラマや小説と言った疑似体験をすることで人は成長できます。今後、信繁がどのような人物と出会い成長していくのか、そして、私達にどのような疑似体験を与えてくれるのか、真田丸から目が離せません。

 

関連記事一覧

真田丸人質となった信繁が景勝の信頼を得る策略とは

真田丸11話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『祝言』

真田丸オープニング曲の吹奏楽がカッコイイ3つの理由

真田丸梅(黒木華)の演技力の評価が高い3つの理由

真田丸10話あらすじ・ネタバレ・感想まとめ『妙手』

真田丸徳川と北条が手を結んだ3つの理由とは

真田丸ピアノ担当に辻井伸行が選ばれた3つの理由

真田丸出浦昌相役の寺島進がかっこいいと言われる3つの理由

真田丸後藤又兵衛役に哀川翔が選ばれた3つの理由とは

真田丸9話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『駆引』

Sponsordrink

真田丸きりの生涯は?実在したのは側室と正室のどっちなのか調べてみた

真田丸春役に松岡茉優が選ばれた3つの理由

真田丸3話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸8話ネタバレ・あらすじ・感想『調略』

真田丸長澤まさみムカつく・ウザい・イラつくと言われる3つの理由

真田丸7話『奪回』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸キャスト小山田茂誠(高木渉)の演技が絶賛されている3つの理由

真田丸2話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸上杉景勝役の遠藤憲一の演技の評価を検証してみた!

真田丸大谷吉継役に片岡愛之助が選ばれた3つの理由

真田丸6話『迷走』ネタバレ・感想・あらすじ・高評価につながった理由を考察

真田丸大泉洋かっこいい?評判・感想・ミスキャストと言われている理由を検証してみた

真田丸茶々役に竹内結子が選ばれた3つの理由

真田丸石田三成役に山本耕史が選ばれた3つの理由

真田丸松の生涯は身投げして終わり?記憶喪失の真相をネタバレ!【木村佳乃】

真田丸視聴率速報5話の評判と低下しなかった理由を考察

真田丸5話『窮地』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸徳川家康キャスト内野聖陽が選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸堺雅人演技下手軽いと言われている3つの理由【真田信繁の大河ドラマ】

真田丸草刈正雄かっこいいと言われる3つの理由とは?【大河ドラマ】

真田丸豊臣秀吉キャスト小日向文世が悪役に選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸4話『挑戦』ネタバレ・視聴率・高評価につながった理由とは

真田丸梅きりの三角関係の結末予想!黒木華と長澤まさみに迫る

真田丸明智光秀に岩下尚史が選ばれた3つの理由とは【本能寺の変】

真田丸キャスト長澤まさみ役しわで劣化?演技がかわいいと言われている理由【下手】

 

Sponsordrink

サブコンテンツ

このページの先頭へ