真田丸5話『窮地』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

Sponsordrink

真田丸5話 画像

転用:http://www.oricon.co.jp/

大河ドラマ真田丸あらすじ

真田家の命運を託して間もなく、本能寺の変が起こり、織田信長は明智光秀によって討たれてしまう。安土城にいた信繁は、京で火災が起こったとの情報を得たことから、自ら京へと向かう。

 

同じ頃、徳川家康は、険しい山中を抜けての伊賀越えを決断する。途中、梅雪は家康を見限り、別行動を選択する。家康は何度が襲われるが、これを乗り切り岡崎城へ帰還した。

 

昌幸は、越後の上杉景勝を頼るが、織田軍の討伐を断られる。一方、織田家の滝川一益から参上を命じられ、信長の考えに驚くも、身の振り方をどうすべきか迷っていた。

 

京で信長が討たれたことを知った信繁は安土に戻り、松を助けるため安土城に潜入する。松と再会した信繁等は、井戸に見せかけた抜け道を通り、安土城を脱出する。

 

真田丸5話『窮地』で最も印象残った場面

真田丸5話『窮地』で最も印象には、真田昌幸(草刈正雄)が「どうすればいいか、わからん。教えてくれ」と長男信幸(大泉洋)に怒鳴った場面である。本能寺の変で織田信長(吉田鋼太郎)が討たれた後、天下統一に最も近い人物は誰なのか。誰も予想できない状況である。

 

明智光秀は、天下のクーデターを起こしており、感情的で先見性が無くとても天下を取れる器ではない。一方、織田家は、信長亡きあと、混沌となる状況が想像できる。

 

真田家は、国衆であり、力もないことから、隣国の有力大名にも気を配らなければならない。選択肢は、「織田家の家臣のまま」、「明智家の従属」、「上杉家の従属」、「北条家の従属」の4つ。昌幸の決断に真田家の命運がかかっており、一朝一夕で決断を下せる訳がない。

 

戦国時代の大名の決断は、現代と異なり、自分の命だけではなく、一家にかかってくる。あの「わからん」の一言は、とても重い一言であり、本心であろう。現代社会も多くの選択から決断しなければならないが、決断の重みが違う。あの場面、自分ならどうしたか。

 

先を知ってしまっているだけに上の選択肢にはない「徳川家康の従属」になるだろう。その徳川家康(内野聖陽)は、伊賀越えを決断しており、何とか岡崎城に帰還した。

 

今回のタイトル『窮地』は、家康の立場からのタイトルではなかったのだろうか。ここでの決断が誤っていれば、江戸幕府はなかったのだから、大きな決断である。いつの時代も選択と決断が歴史を作り、それが繰り返されるのだろう。

 

まとめ

次回以降の展開としては、山崎の合戦で羽柴秀吉が明智光秀を討った後の身の振り方になるだろう。昌幸の処世術としては、「長いものに巻かれろ」である。

 

信長の次に力を持つ者は、誰か、信長の次に頭を下げるのは、誰か、を見極めるのが真田家を背負った昌幸の役目である。この時代の生き方としては、間違っていない。一家の長としての役目を立派に果たそうとしている昌幸の姿に共感が持てる。

 

織田家の滝川一益(段田安則)や羽柴秀吉(小日向文世)との面談に注目したい。今後も多くの選択から決断をする昌幸には目が離せない。
 

5分でわかる真田丸5話『窮地』動画

 

 

関連記事一覧

真田丸上杉景勝役の遠藤憲一の演技の評価を検証してみた!

真田丸大谷吉継役に片岡愛之助が選ばれた3つの理由

真田丸6話『迷走』ネタバレ・感想・あらすじ・高評価につながった理由を考察

真田丸松の生涯は身投げして終わり?記憶喪失の真相をネタバレ!【木村佳乃】

Sponsordrink

真田丸石田三成役に山本耕史が選ばれた3つの理由

真田丸徳川家康キャスト内野聖陽が選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸堺雅人演技下手軽いと言われている3つの理由【真田信繁の大河ドラマ】

真田丸草刈正雄かっこいいと言われる3つの理由とは?【大河ドラマ】

真田丸豊臣秀吉キャスト小日向文世が悪役に選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸4話『挑戦』ネタバレ・視聴率・高評価につながった理由とは

真田丸梅きりの三角関係の結末予想!黒木華と長澤まさみに迫る

真田丸明智光秀に岩下尚史が選ばれた3つの理由とは【本能寺の変】

真田丸キャスト長澤まさみ役しわで劣化?演技がかわいいと言われている理由【下手】

真田丸視聴率速報5話の評判と低下しなかった理由を考察

真田丸大泉洋かっこいい?評判・感想・ミスキャストと言われている理由を検証してみた

真田丸茶々役に竹内結子が選ばれた3つの理由

真田丸2話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸キャスト小山田茂誠(高木渉)の演技が絶賛されている3つの理由

Sponsordrink

サブコンテンツ

このページの先頭へ