真田丸豊臣秀吉キャスト小日向文世が悪役に選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

Sponsordrink

大河ドラマ 真田丸 小日向文世 画像

転用:http://www.nhk.or.jp/

大河ドラマ真田丸が快調のヒットを飛ばしていますね^^

 

大河ドラマ4話『挑戦』での、真田昌幸と徳川家康のハッタリの飛ばし合いにもかなり痺れた視聴者の方が数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

事実、このシーンに対する高評価の感想がネット上で数多く露出しています。

 

多方面から話題を呼んでいる大河ドラマ真田丸ではありますが、なんと豊臣秀吉役に、あの小日向文世さんが選ばれたそうです。

 

今回は、いったいなぜ、豊富秀吉役に小日向文世さんが選ばれたのか、その理由を独自の視点で検証してみました!

 

大河ドラマ真田丸をより一層楽しみたい方は、最後まで集中して読みすすめてください。

 

理由1:カメレオン俳優だから

小日向文世さんに対して、とても優しい俳優さんであり、お父さんキャラクターというイメージが強い方が多くいると思いますが、実は、悪役がかなり型にはまる俳優さんなんです。

 

ダブルフェイスでは、ヤクザの組長として闇取引をする役を演じていたり、アウトレイジでは、刑事なのにヤクザを上回る迫力のある演技をされていたり、相棒では、連続殺人犯としての役柄を演じていました。

 

ある意味、これだけの演技ができることに対して、この人サイコパス?もしくは、シリアルキラーなの?といったことを考えてしまう方がいるのではないかと思ってしまうくらいに悪役のもっている世界観と感情を表現するのがとてもうまいのです。

 

もしかしたら、小日向文世さん自体が、心に深い闇をもっているのかもしれないですね。

 

今回の大河ドラマ豊富秀吉では、そういった一面と、策士としての頭の切れる戦略を投じてくると考えられます。楽しみですね^^

跳針學日語系列。 借我錢_卡尼歐卡森 #小日向文世 #まれ

Steve {¤_¤} yさん(@he11o827)が投稿した写真 –

理由2:猿顔だから

これも1つの理由であると思いますね。やはり、豊臣秀吉というのですから、猿顔の俳優さんにやっていただかないとイメージとずれてしまいますからね。

 

そういった意味では、小日向文世さんが豊富秀吉を演じるのは、かなりの適役なのではないでしょうか。

 

豊富秀吉は、織田信長と猿と言われて可愛がられていましたが、今回の明智光秀の反逆に対して、怒り、明智光秀を叩きつぶしにかかるでしょう。

 

いったい大河ドラマ真田丸では、そういった豊富秀吉の世界観をどのようにして演出していくのか、そして、小日向文世さんは、どのような演技を見せてくれるのか楽しみですね。

 

今回の大河ドラマ真田丸は、あくまで、真田家がベースとなっている物語ですので、あまり豊富秀吉にはフォーカスされるようなことはないと思いますが、天下人となる人間ゆえに、展開が楽しみです。

理由3:視聴率をとれるから

小日向文世さんが出演することで、ベテラン俳優としても魅力的な演技が光り、視聴率アップが期待できることも理由の1つでしょう。

 

前述した以外にも、小日向文世さんはいままで数々のドラマや映画といった作品に出演しており、俳優としての演技力は一流といっていいでしょう。

 

事実、メディアやネット上で小日向文世さんの演技力を讃えている記事や映像が多々見受けられます。

 

今回の大河ドラマ真田丸でも、持ち前の演技力を活かし、高視聴率を叩き出すような影響力を持ち始めるでしょう。

 

1つだけ気になる点としては、YouTubeといったソーシャルメディアで大河ドラマ真田丸を見ることができてしまうことです。

 

そういった行為をされる視聴者が増えてしまうと、必然的に視聴率は下がってしまいます。電波を独占している企業の力がどんどん弱まってしまうのです。

 

おそらく、こういった現象はこれからますます進んでいき、利益追求する中小企業や、海外の経営者たちが開発したサービスによって、電波の独占力の強さは失われていくことでしょう。

 

こういったグローバルな時代の流れは、これから先、否が応でも日本の経済や社会に大きな波及を起こしていきます。

 

したがって、こういった現状に対して、しっかりと対策をしていかないと、視聴率の確保をすることは難しいといえるでしょう。

 

今後メディアがどのような動きを見せていくのか楽しみですね。

まれ 第153話 ②シェフ〜〜😭 #朝ドラ #まれ #NHK #津村希 #紺谷希 #土屋太鳳 #池畑大悟 #小日向文世

土屋太鳳 Tao Tsutchiyaさん(@zaramesenbei)が投稿した動画 –

Sponsordrink

まとめ

NHKとしては、去年の紅白歌合戦で大コケしてしまったこともあり、なんとかして視聴率の底上げしたいというのが一番の願いだと思います。

 

そういった理由もあり、売れっ子俳優の堺雅人さんを主演に選び、監督もあの三谷幸喜さんを選んだのだと思います。

 

今回、小日向文世さんを豊富秀吉に抜擢したのも、視聴率を獲得するために必要だと感じたからでしょう。

 

おそらく、NHK側としても、視聴率を獲得することができるのなら、いくらでも出演料を投資しても構わないという姿勢なのではないでしょうか。

 

今後の大河ドラマのストーリー展開が気になりますが、さらに、視聴率の推移がどのように変動していくのかも見所の1つですね^^NHKファイト!!!

 

関連記事一覧

真田丸上杉景勝役の遠藤憲一の演技の評価を検証してみた!

真田丸大谷吉継役に片岡愛之助が選ばれた3つの理由

真田丸6話『迷走』ネタバレ・感想・あらすじ・高評価につながった理由を考察

真田丸松の生涯は身投げして終わり?記憶喪失の真相をネタバレ!【木村佳乃】

真田丸石田三成役に山本耕史が選ばれた3つの理由

真田丸4話『挑戦』ネタバレ・視聴率・高評価につながった理由とは

真田丸梅きりの三角関係の結末予想!黒木華と長澤まさみに迫る

真田丸明智光秀に岩下尚史が選ばれた3つの理由とは【本能寺の変】

真田丸キャスト長澤まさみ役しわで劣化?演技がかわいいと言われている理由【下手】

真田丸徳川家康キャスト内野聖陽が選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸草刈正雄かっこいいと言われる3つの理由とは?【大河ドラマ】

真田丸堺雅人演技下手軽いと言われている3つの理由【真田信繁の大河ドラマ】

真田丸5話『窮地』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸視聴率速報5話の評判と低下しなかった理由を考察

真田丸大泉洋かっこいい?評判・感想・ミスキャストと言われている理由を検証してみた

真田丸茶々役に竹内結子が選ばれた3つの理由

真田丸2話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸キャスト小山田茂誠(高木渉)の演技が絶賛されている3つの理由

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ