真田丸草刈正雄かっこいいと言われる3つの理由とは?【大河ドラマ】

Sponsordrink

真田丸 真田昌幸 画像

転用:https://neohappylife.com/

大河ドラマ真田丸で真田昌幸を演じている草刈正雄さんがかっこいいとネット上で評判になっていますね^^

 

なんと、奇跡的草刈正雄さんと真田昌幸は同じ64歳であるそうです。

 

時代や生きてきた世界観は違えど、業界のトップで走り続けてきた一人である草刈正雄さんからしたら、戦国時代で命を懸けて戦い続けてきた真田昌幸の心行きを理解できる部分があるのではないでしょうか。

 

そういった観点から考えると、ある意味、時代を超えて真田昌幸が現代に蘇り、草刈正雄に乗り移っているという感覚に近いですよね。

 

ということで、今回は大河ドラマ真田丸にて、視聴者を魅了することが演技でかっこいいと注目を浴びている草刈正雄さんの人気を検証してみました!

 

大河ドラマ真田丸をより一層楽しみたい方は、最後まで集中して読みすすめてください。

 

理由1:真田家を守る当主としての威厳

どんな組織でもトップを走り続けるというのは、大きな責任とストレスが生じます。なぜなら、そこに答えはなくリスクしか存在しないからです。

 

いかにしてリスクを最小限に抑えて、利益を獲得していくかというリスクマネージの考え方を持つことは、経営者にとって、大切なことなのですが、戦国時代においては、現金だけではなく、人の命までもかかってきます。

 

つまり、常に死と隣り合わせに日々を送り、そのストレスと対峙しながら生きていく必要があるということです。この精神性を培うには、並大抵のトレーニングでできることではありません。

 

人間の本能は、生存と生殖をもとにして行動をしていくので、常に本能とは逆の立ち位置にいて、冷静に物事を思考する力を得るということは、本当にすごいことなのです。

 

そういった観点から考えると、やはり、真田昌幸は真田家を守る当主としての威厳を保つために、常に自分自身の弱さを見つめ、戦い続けてきた武将であると言えます。

 

精神性を磨いている男の眼力というのは、とてつもない迫力があります。そういった男としての魅力が今回の演技で、とても強く光っていると感じますね。

 

理由2:知略的な戦の仕方で他を圧倒

小国にして力のない真田家は、いかにして知恵を絞って戦に勝っていくのかという賢い頭の使い方が大切になってきます。

 

そんななか、いかにして戦に勝つのかということを常に思案していた真田昌幸は、戦国時代きっての知将・謀将として知られるようになります。

 

事実、あの手この手を使って強国たちの心理的なアプローチを仕掛けることで、戦わずして勝利する交渉力を大河ドラマ真田丸のなかでの披露しています。

 

また、徳川家康との戦である第一次上田合戦では、真田昌幸はわすか2000人の兵にもかかわらず、地を活用した知略により、徳川家康の軍勢7000人に1300人の死傷者を出して大勝をしている。

 

おそらく、大河ドラマ真田丸でも、このシーンは大きく演出されると思いますが、相手の軍勢が、多くの兵力を持っていたとしても、勝機を見出すことができる冷静沈着な判断力と戦略構築をすることができる思考力は、素晴らしいとしかいいようがないですね。

 

やはり、いつの世も頭脳明晰な男性というのは憧れられる存在なのだと思います。

 

理由3:何よりも国を想う愛国心の塊

真田昌幸は、もともと武田信玄に仕えていた武将であったのですが、武田勝頼の死後、独立体として活動をするが、なんとしても国を守ろうと織田信長の傘下に入ります。

 

しかし、織田信長が明智光秀の下克上により討ち取られ、また、独立体として動くことになりますが、そのあとに織田信長の仇打ちとして奮起した豊臣秀吉の家臣となり、また、国の安泰を保つことに成功します。

 

自分の名誉やステータスといったものに対しての一切の執着がなく、いかにして国を守ろうとするかという愛国心を強く感じる武将ですね。

 

おそらく、いままで先祖代々受け継がれてきた真田家の名や文化を重んじ、子孫に伝えていくことに対する強い想いと使命感を感じていたのでしょう。

 

やはり、一国の主人として、さまざまな大国相手に戦をしてきた武将の精神性というは、ある意味、なにか人間を超越した世界観がありますね。本当に素晴らしいと思います。

 

まとめ

現代人が忘れている大和魂ともった知恵のある侍。それこそが、真田昌幸なのではないかと感じますね。現代は、さまざまな心の葛藤のなかで多くの自殺者が多発しています。

 

これは、心のなかで起きてる葛藤が、現代の1つの戦として人々の体ではなく、精神を蝕んでいっていることから発生している現象なのだと思います。

 

克己心を持ち、いかにして自分を成長させ、世の中に貢献していけるような人間になるのかということを考えるというのは、とても大変なことですし、継続力がないとなかなかできることではありません。

 

日本人として海外に誇れる偉人となる人間を、これから日本から輩出していくには、こういった歴史上の偉大な人物を題材にして教材を作成し、この時代の武将たちが命を懸けて守ろうとしていたものを伝えていくことが大切なのではないかと感じます。

 

時代を経て、まったく違う世界観で生活をしている日本人の精神性を目覚めさせてくれる、そんなエッセンスを真田昌幸からは感じます。

 

今後も、草刈正雄さんがどのような演技を魅せてくれるのか期待していきましょう^^

 

関連記事一覧

真田丸上杉景勝役の遠藤憲一の演技の評価を検証してみた!

Sponsordrink

真田丸大谷吉継役に片岡愛之助が選ばれた3つの理由

真田丸6話『迷走』ネタバレ・感想・あらすじ・高評価につながった理由を考察

真田丸松の生涯は身投げして終わり?記憶喪失の真相をネタバレ!【木村佳乃】

真田丸石田三成役に山本耕史が選ばれた3つの理由

真田丸豊臣秀吉キャスト小日向文世が悪役に選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸4話『挑戦』ネタバレ・視聴率・高評価につながった理由とは

真田丸梅きりの三角関係の結末予想!黒木華と長澤まさみに迫る

真田丸明智光秀に岩下尚史が選ばれた3つの理由とは【本能寺の変】

真田丸キャスト長澤まさみ役しわで劣化?演技がかわいいと言われている理由【下手】

真田丸徳川家康キャスト内野聖陽が選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸堺雅人演技下手軽いと言われている3つの理由【真田信繁の大河ドラマ】

真田丸5話『窮地』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸視聴率速報5話の評判と低下しなかった理由を考察

真田丸大泉洋かっこいい?評判・感想・ミスキャストと言われている理由を検証してみた

真田丸茶々役に竹内結子が選ばれた3つの理由

真田丸2話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸キャスト小山田茂誠(高木渉)の演技が絶賛されている3つの理由

Sponsordrink

サブコンテンツ

このページの先頭へ