真田丸出浦昌相役の寺島進がかっこいいと言われる3つの理由

Sponsordrink

真田丸 寺島進 画像

転用:http://urdflash.info/

出浦昌相、と聞いてピンとくる人は少ないのではないでしょうか。正直言って私もよく知りませんでした。

 

武田信玄に仕えた甲州透破の統率者であり、信玄に敗れた村上義清の一族である出浦清種の次男、一説に義清の弟とも言われ、後に松代藩で忍者奉行を務めという出浦昌相。

 

『真田丸』においては寺島進さんが演じていますが、「忍者の統率者」という下手をすると色物になりかねない役どころを重厚感を持って好演されています。寺島さんの魅力とはいったい何でしょうか。

 

理由1:ワルな面構え

数々の映画・ドラマで悪役を演じてきただけに、見た目だけでなく内面から滲み出す「ワルのオーラ」が画面上に存在感を放っています。

 

北野武監督作品の常連で、『その男、凶暴につき』(1989年)に出演したのをはじめ、多くの北野作品でヤクザ役を演じてきた寺島さんだけに、戦国時代のアウトローである忍者たちを束ねる出浦昌相はまさに適役ではないでしょうか。

 

一説には真田十勇士の一人、霧隠才蔵のモデルとも言われる出浦昌相。

 

本能寺の変後、多くの信濃国衆が海津城にいた織田家の武将・森長可に反旗を翻すなか、長可を護衛して無事撤退させたエピソードは『真田丸』の中でも描かれていましたが、出浦昌相という人物は目先の損得勘定だけで動くような軽い男ではなかったようです。

 

忍者とは基本的に傭兵集団であり、カネで動く存在です。しかし、逆にそんなアウトローな連中に睨みを利かせるには、しっかり筋を通すということが必要だったのかもしれません。

 

寺島さんの演じる出浦昌相はまさに、そんな忍者の頭領の雰囲気を感じさせてくれますね。

 

理由2:みなぎる殺気と寂寥感

ご本人の語っているところによれば、「演劇の勉強は嫌いだったけど、殺陣が好きで向いていると思った」とのことで、若いころはアクション俳優に憬れていたのだそうです。

 

高校卒業後、三船芸術学院に入り講師の宇仁貫三さんに弟子入り。

 

殺陣の技術を磨きながら、師匠の運転手として現場へも同行していたそうです。

 

最近では昔ながらの徒弟制度のようなことは流行らないかもしれませんが、そういった環境でなければ身につかないものもあると思います。

 

殺陣の師匠の宇仁さんは『鬼平犯科帳』や『剣客商売』、『必殺仕事人2007』などで殺陣を担当されており、「役者の方が70%くらい頭に入ったくらいで本番をぶつけると、咄嗟の動きが出て迫力につながる」という考え方で、仕事に取り組んでいるそうです。

 

あまりにテストを繰り返していると、「段取り」になってしまうからだそうです。そういった師匠の姿勢から寺島さんも多くのものを学んでいるのではないでしょうか。画面に映る出浦昌相からみなぎる殺気と寂寥感は、寺島さんの仕事に対する姿勢がそう感じさせるのかもしれません。

 

理由3:小柄さを感じさせない存在感

寺島さんは東京の下町、江東区深川の出身で実家は畳屋さんだそうです。

 

寺島さんのお父さんは昔ながらの職人気質で、昼間からコップ酒をあおっている、それでいて仕事に関しては他に引けを取らない、まさに絵に描いたような江戸っ子の職人だったのだとか。

 

そんな下町育ちで若いころはかなりのワルだったという寺島さんですが、悪役を演じるなかでも小柄な分、リーダー格よりも一段下の役どころが多く、強面なだけでは存在感を発揮するのは難しいところでしょう。

 

身長165センチとあまり恵まれた体格ではないにも関わらず存在感を放っているのは、父親譲りの職人気質が背景になっているからかもしれません。

 

また、松田優作にも認められた確かな演技力があってこそ、体格面の不利を跳ね返すことが出来るのではないでしょうか。

 

まとめ

真田の忍者を率いる武将として、昌幸の謀略を支える出浦昌相。寺島さんを見ていると、実際こういう人物が忍者を統率していたのでは、と想像を掻き立てられてしまいます。

 

脚本の三谷幸喜さんは出浦昌相を「一番敵を殺してきた人物」として描こうと考えているそうで、これまで多くのワルを演じてきた寺島さんには、まさにはまり役ですね。

 

ドラマの中では、昌幸の野心を焚きつけるような発言が度々見られる出浦昌相ですが、今後物語をどんな方向に動かしていくのでしょうか。出浦自身の野望、といった部分も寺島さんに演じてほしいですね。

 

関連記事一覧

真田丸後藤又兵衛役に哀川翔が選ばれた3つの理由とは

真田丸9話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ『駆引』

真田丸きりの生涯は?実在したのは側室と正室のどっちなのか調べてみた

真田丸春役に松岡茉優が選ばれた3つの理由

真田丸3話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸8話ネタバレ・あらすじ・感想『調略』

真田丸長澤まさみムカつく・ウザい・イラつくと言われる3つの理由

Sponsordrink

真田丸7話『奪回』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸キャスト小山田茂誠(高木渉)の演技が絶賛されている3つの理由

真田丸2話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

真田丸上杉景勝役の遠藤憲一の演技の評価を検証してみた!

真田丸大谷吉継役に片岡愛之助が選ばれた3つの理由

真田丸6話『迷走』ネタバレ・感想・あらすじ・高評価につながった理由を考察

真田丸大泉洋かっこいい?評判・感想・ミスキャストと言われている理由を検証してみた

真田丸茶々役に竹内結子が選ばれた3つの理由

真田丸石田三成役に山本耕史が選ばれた3つの理由

真田丸松の生涯は身投げして終わり?記憶喪失の真相をネタバレ!【木村佳乃】

真田丸視聴率速報5話の評判と低下しなかった理由を考察

真田丸5話『窮地』ネタバレ・感想・高評価につながった理由を考察

真田丸徳川家康キャスト内野聖陽が選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸堺雅人演技下手軽いと言われている3つの理由【真田信繁の大河ドラマ】

真田丸草刈正雄かっこいいと言われる3つの理由とは?【大河ドラマ】

真田丸豊臣秀吉キャスト小日向文世が悪役に選ばれた3つの理由とは【大河ドラマNHK】

真田丸4話『挑戦』ネタバレ・視聴率・高評価につながった理由とは

真田丸梅きりの三角関係の結末予想!黒木華と長澤まさみに迫る

真田丸明智光秀に岩下尚史が選ばれた3つの理由とは【本能寺の変】

真田丸キャスト長澤まさみ役しわで劣化?演技がかわいいと言われている理由【下手】

 

Sponsordrink

サブコンテンツ

このページの先頭へ