病理医とは?年収・給料・収入・求人・なるには資格がいるか調べてみた【フラジャイル】

Sponsordrink

病理医 画像

転用:http://www.amazon.co.jp/

あなたは医者に対してどのようなイメージをもっているでしょうか。おそらく、権力とお金があり、厳かな雰囲気を出した資産家のような人だと思っているのではないでしょうか。

 

たいていの人たちは、医者というものの実態が、テレビドラマのような人間だと思ってしまうので、それは仕方がないことです。

 

しかし、考えてみてほしいんです。医者といっても、どれだけの専門分野に分かれた医者がいて、どういった知識と技術と実践経験があって医者として認められるのかということを。

 

そして、今回題材に挙げている病理医に関していえば、その存在すら知らない方が多いのではないかと思います。

 

医者の代表格といえば、手術(オペ)を行う外科の先生といったイメージでしょう。

 

いままでの病院ドラマで放送されてきた『白い巨塔』や、『救命病棟24時』『医龍』もそういった世界を描いていましたからね。

 

現場で命を救うために戦う医師、自分の権力を誇示し、病院内でトップに立とうとする医師、天才的な医療技術を駆使し、無理だと言われた手術(オペ)ですら完璧にこなし、患者さんを救う医師。

 

医療ドラマでは、こういったさまざまな物語が描かれてきましたが、今年の冬ドラマで放送される『フラジャイル』では、病理医というまったく違ったジャンルでの医療ドラマという作品になることでしょう。

 

では、いったい病理医とはなんなのでしょうか…どうすればなることができて、年収はどのくらいなのでしょうか。

 

きっと気になる方がいると思いましたので、ドラマ『フラジャイル』の公開と同時にそれらの情報をまとめて記事にしてみました。

 

どんなドラマも、登場人物の細かい設定を理解することで、ドラマの内容に入り込んでいけるものです。

 

ということで、これからドラマ『フラジャイル』をより一層楽しんで見たい方は、この記事を最後まで集中して読みすすめてください。

 

フラジャイルの病理医ってなに

まずは、病理医がなんなのか、そして、どうすれば病理医になることができるのかということに関して情報を引用してきましたので、こちらを読んで理解しておきましょう。

 

病理医とは、大病院などに勤務して「病理診断」を仕事とする医師のことです。

病理診断とは、患者の臓器を直接肉眼で確認したり、採取した細胞を顕微鏡などで調べたり、CTの画像を分析したりします。病理医が病気の原因を明らかにし、適切な治療方法を判断するのです。この病理診断は、手術前だけでなく術中にも行われます。きちんと病原が取り除かれているかを確認しながら、手術が進められるのです。

病理医は臨床医のように直接患者の手術を行うことはなく、病理診断の結果を踏まえて担当医に適切な助言をすることが、主な仕事内容です。いくら優秀な外科医がいたとしても、病気の診断そのものが間違っていては、患者の命を助けることは出来ません。それ故に、病理医は患者に直接治療しないとはいえ、絶対に診断ミスすることは許されない、大きな責任を負った仕事であると言えます。

病理医になる方法は、まずは大学の医学部を卒業し、医師国家試験に合格し、その後2年間の臨床研修を終了します(ここまでは通常の医師と同じ)。その後、4年間の専門医研修(5年以上の病理診断歴・50体以上の病理解剖・50件以上の迅速病理診断・3000件以上の病理診断経験など)を終え、日本病理学会が行う専門医試験に合格することで、ようやく病理医として認められます。
引用:http://homepage3.nifty.com/bom-money/2_isya/index.html

 

ざっと読んだだけでも、病理医がどれだけ医療業界に大切な存在なのかということと、病理医になるには、相当な努力が必要であることがよく理解できますね。。

 

病理医の年収・給料・収入・求人について調べてみた

病理医の年収は約1450万円とされています。これを12で割ると1ヶ月の給料が出ると思いますので計算してみると、120.8万円でした。いやー月収120万円の仕事があるとは、やはり医療業界というのはとてつもないところですね。

Sponsordrink

 

ただ、病理医として社会的に認められるまでの道のりは、とても長く険しいので、そこまでたどり着ける方は、ほんの一握りだと思います。

 

そう考えると、逆にもっと多額の給料をいただいてもいいのではないかと思ってしまいますね。

 

ただ、あくまで年収が約1450万円ですので、正式な年間の収入がどの程度なのかということが、一般公開されることはないでしょう。

 

医療業界は、人間の命を扱うデリケートな仕事でありながら、裏では大きなお金が動いていることも事実でしょう。

 

まあ、多額のお金を支払い、大量の時間を使って勉強してきたことでつかんだ成功ですので、それも仕方がないことだと思いますがね。

まとめ

病理医がどれだけ重要なポジションの仕事なのかということは、引用した病理医についての解説をみていただければ理解できたと思います。

 

しかし、表舞台で活躍する医者とは違うため、人気がなく、業界のなかでは病理医が不足していることが大きな問題になっているようです。

 

また、基本的に1つの病院に1人しか病理医がいないみたいなので、病理医さんは毎日忙しく仕事をされているようです。

 

これからさき、日本は高齢化社会がますます進行し、病院と医者、いやそれどころか、患者さん用のベットが足りなくなってくることが予想されます。

 

そんななか、ただでさえ現状足りないと言われている病理医が、さらに足りなくなっていくことは簡単に予想ができると思います。

 

今後の日本の医療の発展と安定化のためも、もし、この記事を読んでいて医療業界を目指している方がいるのでしたら、ぜひとも病理医を目指していただきたいです。

 

さすがに、いまの私には医療業界にこれから参入していくほどの資金力もコネも知識も経験もありません…

 

ですから、もし、医者になろうとしている方がいらっしゃいましたら、ぜひとも病理医を目指していただきたいところです。

 

原作のフラジャイルを読んだことで、私のなかで、そういった気持ちが一層強まりましたね。

 

話はそれましたが、久々の長瀬智也主演ドラマということもあり、ドラマ『フラジャイル』は、かなり注目されているのではないでしょうか。

 

おなじ時間にドラマ『ヒガンバナ』が放送されていますが、どちらが視聴率を伸ばしていくのか、要チェックですね^^

 

関連記事一覧

フラジャイル1話視聴率とネタバレ予想!あらすじとキャストを公開

小雪生え際変?書いてるのか塗ってるのか劣化をフラジャイルで検証してみた

フラジャイル武井咲衣装♪モッズコートと時計とバックはこれ♪♪

フラジャイル放送打ち切りの可能性は?長瀬智也と小雪でも視聴率を獲得できない理由とは

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ