松潤と井上真央結婚!引退する理由はパニック障害?原因はなにか

Sponsordrink

松潤 井上真央 画像

転用:http://nobinobi-kodomo.com/

松潤さんと井上真央さんが結婚間近ということで、

メディアで話題になっていますね!

 

ドラマ花より男子での共演がきっかけで

お付き合いを始めたお二人ではありますが、

とても人気のある作品であり、続編の撮影が開始されたこともあってか、

お互いにどんどん距離を縮めていったんだと思います。

 

なんといっても、映画で海外を転々としてインパクトは強かったですね。

 

普通ではない環境をともに長い時間過ごしたことで、

お互いのことを大切の想い合う心理が生まれたんだと思います。

 

松潤さんほどのイケメンだったら、

他の綺麗な女優さんにも目移りしそうですが、

一途に井上真央さんとだけ向かい合ってきたことがすごいですね。

 

ジャニーズ事務所としてはかなり痛手かもしれませんが、

松潤さんの好感度はかなりアップしているのではないでしょうか。

 

松潤と井上真央が結婚間近!!

お二人の仕事のスケジュールのあり、

2015年の9月にはご結婚されるのではないかと噂がされていましたが、

いまだにそういった報告はされていませんね。

 

先日、福山雅治さんと吹石一恵さんのご結婚と、

千原ジュニアさんの一般女性の方とのご結婚報道が重なり、

また、川島なお美さんが亡くなられたという報道もありましたので、

ほとぼりが冷めてから報告をしようとしているのかもしれませんね。

 

松潤さんほどのジャニーズの大物が結婚されるということが決まれば、

多くの人たちに影響を与えることは間違いありません。

 

事実、福山雅治さんの結婚報道がされたあと、

所属事務所であるアミューズの株価は下がってしまったようです。

 

理由としては、福山雅治さんの商品価値が下がってしまったと感じ、

会社の売上が下がるのではないかと株主が判断したようです。

 

大きな影響力をもった人間というのは大きな責任を伴います。

 

たまに、そういったことをまったく意識せずに、

自分勝手な行動をとってしまうタレントさんも存在しますが、

Sponsordrink

そういったことをしてしまうと、結局自分が不幸な結末になってしまいます。

 

なにが大切なのか、そして、いまなにをしなければいけないのかという

判断基準をしっかりともって行動してほしいですね。

 

そんな松潤さんですが、

井上真央さんとのインタビューでこんなことを話していました。

 

お互いに直した方がいいところを聞かれた結果、、、

「たくさんありすぎます。。」

と、言われてはいたのですが、

井上真央さんは素になるとガニ股になること、

松潤は、、、と、詰まったあとに弱点は脇腹ですと、

井上真央さんが脇腹をつつくと松潤さんはかなり反応されていました。

 

また、居酒屋でお酒を飲むといろいろな人に電話をかけて

呼び始めるという寂しがり屋な一面もあるんだとか。

 

お互いに近い距離にいるからこそ見える姿があるんでしょうね。

松潤ファンからしたらかなりうらやましいのではないでしょうか。

 

井上真央が引退する理由はパニック障害

一部メディアで、井上真央さんが

パニック障害であるという報道がされています。

 

パニック障害というのは、急に激しい動悸や胸の痛みを感じてしまい、

不安と恐怖の感情に包まれてしまう症状です。

 

問題なのは、医者にいってもたいした施述をしてもらえず、

時間が経ったら治るのですが、また再発してしまうことです。

 

原因として考えられるのは、

過度なストレスによるものだと考えれています。

 

井上真央さんは、現在薬を摂取することで

安定した精神を取り戻すことができているようですが、

この病気をきっかけに対人関係を築くのがとても苦手になってしまったそうです。

 

また、現在放送中のドラマ花燃ゆの視聴率が低迷していることも、

女優として、かなりプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

 

今後、事務所がどういった対応をしていくかはわかりませんが、

もしかしたら、松潤さんとのご結婚をきっかけに

引退されるのではないかという説が流れています。

 

女優という仕事を全うして生きる人生を歩むのか、

女性として、井上真央として幸せな人生を歩む道を歩むのか、、、

 

結局決断するのは自分自身なので、

自分にとって最良の道を歩んでほしいですね。

 

お二人の幸せな結婚生活が実現することを心から願っています。

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ