木口亜矢が結婚したオリックス堤との出会いと年収は?歴代の彼氏をもチェックしてみた

Sponsordrink

木口亜矢 画像

転用:http://www.akb48matomemory.com/

グラビアアイドルの木口亜矢さんがオリックスの期待の新人選手である堤裕貴さんと結婚することが発表されました!最近立て続けに結婚発表がされていますが、今回の婚約は、木口亜矢さんにとってかなり有力なものになったのではないでしょうか。

 

それもそのはず、お相手はオリックスの期待の新人選手堤裕貴さんですからね。これから年棒も上昇していくであろう優良な旦那様なのではないでしょうか。ということで、今回はそんなお二人の出会いについてと、木口亜矢さんの歴代彼氏についてまとめてみました!

 

木口亜矢とオリックス堤選手の出会いは?

木口亜矢さんがゲットすることに成功した結婚相手である堤裕貴さんは、なんと8歳年下の22歳なんだそうです。野球界では、姉さん女房の方が出世していくことが言われていますが、これは稀に見る現象ですよね。

 

しかし、今年30歳を迎える木口亜矢さんは、人生においても、恋愛においても先輩として旦那様に接することができますので、お尻に敷くことで、しっかりとコントロールすることができるのではないでしょうか。

 

堤裕貴 画像

転用:http://sp.buffaloes.co.jp/

 

木口亜矢さんはコメントとして、料理を頑張りたいとも話しており、これから野球界を引っ張っていくエースとなりうる堤裕貴選手をしっかりと支えていくような姿勢を見せています。また、現在の堤裕貴選手の年収は500万なんだそうですが、これからどんどん年棒は上昇していくことが予想されます。

 

まだ若いうちにこれだけ有望な選手と結婚することができるなんて、さすが、木口亜矢さんですね。木口亜矢さんはまだ妊娠はしていないそうですが、年末に挙式をあげるそうです。楽しみですね。

 

木口亜矢の歴代の彼氏

木口亜矢さんの歴代の彼氏の情報としては、1人だけしか見つかりませんでした。その男性というのが、元KAT-TUNの田中聖さんです。彼は、いままであびる優さんや戸田恵梨香さん、藤井リナさんといった数多くのタレントさんとお付き合いしたきたツワモノです。

 

田中聖 画像

転用:http://girlschannel.net/

 

現在は、ジャニーズ事務所を退社し、別でバントの活動をしているようですが、詳細は不明です。おそらく、かなりヤンチャな人生を歩んでいたのではないでしょうか。また、木口亜矢さんとしても若い頃はそういった男性に対して憧れてしまう傾向が強かったのかもしれませんね。

 

そういった意味でも、これからの人生を歩むうえで、将来性のある価値の高い結婚をすることができたのではないでしょうか。晩婚は幸せになることができるといいますが、まさにその通りだと思います。

Sponsordrink

 

とくに、野球をしてきた人たちというのは、縦社会のなかで育成されてきた真面目な人たちばかりなので、若いうちからしっかりと教育しておくことで、木口亜矢さんにとって理想の旦那様へと変貌していくのではないでしょうか。

 

まとめ

新陳代謝がとても早いグラビアアイドルという市場で、生き残っていくためには、とても大変なポジションであるとも言えます。次から次へと次世代のスターが発掘される市場だからこそ、人生の基盤となる生涯の伴侶を見つけるのにグラビアアイドルたちは必死です。

 

事実、いまではAKB48や、でんぱ組といった新しいアイドルグループが派生しはじめ、世の中にムーブメントを引き起こしています。最上もがさんなんかがいい例ですよね。12月に出版される写真集はミリオンセラーも間違いないでしょう。

 

また、雑誌という媒体から、ネットに市場が移行したからこそ、戦いはさらにハードになってくると考えます。なぜなら、プロダクションに所属せずとも、才能と魅力のあるアイドルは個人の力で有名になることもできるのですから。

 

アイドルたちが活躍する場にもグローバルな風が吹いているなか、旦那様選びはとても大切ですね。ある意味、ここは慎重に、そしてしたたかに選定していくべきなのかもしれません。

 

関連記事一覧

中田有紀妊娠と結婚を報告!山田貴洋と年収はどちらが高いか比較

藤原紀香と愛之助でき婚?結婚ができないのは「ある」社長の圧力が原因

水原希子と野村周平の熱愛が発覚?デートまでに至った二人の関係性とは?

鈴木京香と長谷川博己の破局の影に石原さとみがいた理由とは

おのののか彼氏の素性はフジ局員の誰か?フライデーされた画像はどこに!

エドはるみが現在慶應大大学院に合格!芸能界を干された理由は性格が原因?

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ