山本彩(さや姉)が秘書!ゲーテの画像が魅力的である3つの理由とは

Sponsordrink

さや姉 画像

転用:http://ticketcamp.net/idol-blog/

さや姉こと山本彩さんてとっても魅力的な女性ですよね。かわいさをもつ反面、男らしく前に進んで行く性格をもっているので、とくに草食系男子から強い人気があるのではないでしょうか。

 

そうはいっても、あの美貌があるだけで多くの男性を虜にしているのは間違いのない事実です。今回はNMB48のなかでも一番の推しメンである山本彩さんが雑誌ゲーテに秘書として掲載された理由について検証していきたいと思います。

 

もし、あなたが山本彩さんの大ファンなら、この記事の内容についてぜひコメントしてみてください^^

 

山本彩の秘書が魅力的な理由1:秘書という非現実的なキャラクター

山本彩さんが秘書?この非現実的なエンターテインメント性は、多くのNMB48ファンの心に突き刺さったのではないでしょうか。また、まだ山本彩さんの存在を深く知らない方にとっても、かなり山本彩さんの秘書姿に魅了されたと思います。

 

ここでのポイントは、いつもと違うというところと、山本彩さんを最大限に活かした妄想できるキャラクター設定ですね。

 

山本彩さんは少しキツ目の顔つきをしているので、秘書というお姉さんキャラクターが似合っています。お姉さんキャラクターという意味もあって、さや姉というあだ名もついたと思いますしね。

 

ただ、こういった考察をしていくと、NMB48というグループに所属するのは、どこかずれている気がしますが…

 

しかし、ポジションとしてはメンバーを引っ張るリーダーとしての立ち位置にいますし、今後の歌手としての活動に向けての足がかりの一環として活動していることもあるのでしょう。

 

そういった意味では、かなり戦略的にものを考えて夢を達成しようとしていると思います。少し話しはずれましたが、非現実的な妄想を実現した秘書というキャラクター設定が山本彩さんとマッチしたことが魅力的に見える最大の要因だと考えられますね。

 

山本彩の秘書が魅力的な理由2:大阪弁のキャラクターとのギャップ

大阪弁のキャラクターがまたいいんですよね。NMB48の最大の強みは、大阪弁であり、弱さというよりも強気な発言や、コント混じりなボケとツッコミといった立ち回りができることは他のどこの地域よりも強いのではないでしょうか。

Sponsordrink

 

大阪というお笑いの文化が根付いた地域で育ったからこそ、他の地域のグループを圧倒するほどの笑いのセンスがあることは間違いないと思います。

 

そういった、自分たちにしかない強みをどんどん磨いていくことが、最終的に自分たちの圧倒的な強みとなり、差別化につながっていきますからね。

 

整った顔つきなのに、大阪弁で性格がキツイというのは、多くの男性を魅了する1つのエッセンスであることは間違いないでしょう。

 

山本彩の秘書が魅力的な理由3:スタイルが良いこと!

山本彩さんのスタイルの良さも際立っていますね。ちなみに、山本彩さんの身体上はこんな感じです。

 

生年月日:1993年7月14日
身長:155センチ
カップ:Dカップ
靴のサイズ:23センチ
引用:Wikipedia

 

身長は決して大きくはありませんが、その割にはカップ数がかなりおおきいことが一時期話題を呼んでいましたよね。やはり、女性にとって大きな胸があることは1つのステータスですし、永遠のテーマであるということは間違いないんでしょうね。

 

これは、他のNMB48メンバーにはない強みであり、カップ数が高い数字であるからこそ、グラビアの仕事のオファーがくることもあるのでしょう。

 

人間の本能をついた部分ではあるのですが、秘書としてだけではなく、女性として魅力的に魅せるためには、スタイルがいいことは絶対的に必要条件であることは間違いないことなんです。

 

さらに、山本彩さんはご自身の腹筋をかなり鍛えているようで、その腹筋が美しく、魅力的だと話題になっていますね。

 

【関連記事】

さや姉(山本彩)の腹筋の魅力と歯が欠けた理由とは

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。NMB48の山本彩さんの魅力は伝わったでしょうか。NMB48は結成当初としては、まだ若い女の子というイメージしかないメンバーでしたが、年を重ねるごとに、女性として魅力を増していくメンバーがどんどん増えていっていますよね。

 

こういった成長を見ることができることも、アイドルの楽しみ方の1つではあると思いますが、山本彩さんの成長ぶりはすさまじいものがありますよね。このままさらに大きな飛躍ができるよう応援しています。^^

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ