坊っちゃんに二宮和也が主演!視聴率予想・あらすじ・キャスト・ロケ地を公開【主題歌はいかに】

Sponsordrink

坊っちゃん 画像

転用:https://www.youtube.com/

夏目漱石の残した名作坊ちゃんが2016年の1月の冬の特別番組で放送されることが決定しました!主演を務めるのは、二宮和也さんです。

 

時代を経ても色褪せない世界観により、多くの方から支持を受けている坊っちゃんですが、二宮和也さんはいったいどのように演じるのでしょうか。今回はそんな新春スペシャルドラマ坊っちゃんの視聴率予想、あらすじ、キャスト、ロケ地の情報についてまとめてみました!

 

新春スペシャルドラマ坊っちゃんあらすじ

今年の新春ドラマ特番スペシャルとして放送あれる坊っちゃんは、なんと、20年ぶりの実写化ということもあり、出演されるキャストも、製作会社も、かなり気合いをいれていますね。

 

無鉄砲で真っ直ぐ、曲がったことが大嫌いな坊っちゃん(二宮和也)は、田舎の愛媛県松山市の数学の教師として赴任し、学校だけではなく、周囲をどんどん変化させていきます。また、その学校内で繰り広げられる人間関係が複雑なんです。

 

教頭である赤シャツとその赤シャツにくっついて行動している野だいこが、学校内のことを仕切り坊っちゃんにも指示をするですが、いうことを聞かないので、ここでの衝突が絶えません。

 

また、そんな坊っちゃんの面倒を見てくれているのが、冷静沈着な山嵐。そして、なにも考えていないような校長こと狸の存在。と、これだけのキャラクターだけでしたら、面白くもなんともないのですが、ここにマドンナが絡んでくるんですね。

 

町一番の美人と有名なマドンナは、英語の教師である、うらなりと想い合っているのですが、そのマドンナを赤シャツが陰ながら狙っているんです。

 

はたして、マドンナはうらなりと赤シャツどちらを選ぶのか…原作では、うらなりと婚約していますが、今回撮影している坊っちゃんでは、ここに少し手が加えられているそうです。

 

そう、オリジナルストーリーという面白い展開が用意されているんですね。これなら、坊っちゃんという作品を知っている方にとっても、どのような展開を用意しているのかという興味が生まれるので、作品をより一層楽しむことができますね。


 

出演キャスト公開!

二宮和也:坊っちゃん


情熱があり、無鉄砲な性質はもつ坊っちゃんを演じるのは、ジャニーズJr.のなかでも演技派としてのポジションを確立しつつある二宮和也さんです。

 

ジャニーズJr.といえば、月9のドラマとか、週末に放送される連ドラに出演しているイメージですが、二宮和也さんは、そういった若い視聴者ではなく、少し年配の視聴者の方に向けた作品に出演されることが多いですね。

 

それも、しっかりとした歴史ある作品でしたら、内容のあるメッセージ性に富んだ作品で、しっかりと演技をされています。

 

今回も、歴史ある不朽の名作、夏目漱石の坊っちゃんを再現するにあたり、さまざまな想いがあったと思います。どういった作品になるかはわかりませんが、二宮和也さんの素晴らしい演技が観れることを期待したいところですね。

 

松下奈緒:マドンナ

坊っちゃんのマドンナ役はこの人、松下奈緒さんです。。この美貌なら、坊っちゃんが魅了されても無理はないですよね。二宮和也さんとどのような絡みを見せるのかが見ものです。

 

古田新太:山嵐


坊っちゃんとは違い、冷静沈着な男、通称山嵐を演じるのは、古田新太さんです。いつもは少し抜けたようなキャラクターを演じることが多く、どちらかといったらお笑い担当といったイメージですが、今回は作品が作品ですので、しっかりと役柄を演じられると思います。古田新太さんの数学の主任教師としての姿が早く観たいですね。

 

八嶋智人:野だいこ

 

坊っちゃん 画像

転用:http://www.sanspo.com/

 

画学教師である通称野だいこを演じるのは、八嶋智人さんです。赤シャツである教頭にいつもくっついている野のだいこをどう演じるのか…楽しみです。

 

山本耕史:うらなり

英語教師こと、うらなりを演じるのは、今年堀北真希さんとご結婚された山本耕史さん。今年は芸能人の結婚ラッシュでしたが、そのなかでもかなり大物の結婚として認知されているのが、山本耕史さんですよね。

Sponsordrink

 

2016年最初のドラマとして坊っちゃんに出演することで、来年も仕事にプライベートに充実した1年を過ごしていただきたいところです。

 

及川光博:赤シャツ


プライドが高い西洋かぶれの教頭を演じるのは及川光博さん。まさか、及川光博さんが起用されるとは思いませんでしたが、赤シャツがどのように演出されるかと、坊っちゃんとの激突がどのように描かれるかが気になりますね。

 

岸部一徳:狸

校長こと狸を演じるのは岸辺一徳さん。学校内のことはすべて教頭である赤シャツに任せているような感じではありますが、岸部一徳さん特有の雰囲気でどのような演技を見せるかが楽しみです。

 

ロケ地と主題歌は決まっているの?

 

松山 画像

転用:http://1010meguri.blog.fc2.com/

 

撮影は日本各地で行われているそうですが、愛媛県松山市道後温泉でのロケも行われたようです。愛媛県松山市の数学教師として赴任したという設定ですので、やはり、この地で撮影する機会が多かったのでしょう。

 

しかし、今回は歴史的な作品を20年ぶりのドラマとして再現したものであり、キャスト陣だけではなく、制作会社側もかなりの力を入れていることがわかります。おそらく、かなりのお金を投資して、ドラマ坊っちゃんの制作にとりかかっているのでしょう。

 

ただ、視聴率をとるためだけではなく、日本の文化的な発展と明治時代の価値観のなかで表現された歴史的な作品の描写を現代に蘇らせることは、とても価値のあることですし、流行しているドラマではなく、長い間、日本国民に愛されている作品に触れることは、日本人にとって、とても意義のあることだと思います。

 

また、今回のドラマ坊っちゃんの主題歌はいったいどういった曲になるのかはまだ公表されていませんが、おそらく、嵐の曲が選曲されるのではないかと予想しています。

 

視聴率大胆予想!

今回の新春スペシャルドラマ坊っちゃんの一番の見所は、小説にはない、オリジナルストーリーが描かれているというところにあると思います。

 

当時は封建社会であり、親のいうことが絶対であったからこそ、絶対に結ばれることがない身分の男女の恋愛ストーリーが、人々の心を熱くしたのですが、現代とはまったく異なった価値観であり、いまの世代には受け入れがたい世界観でもあります。だからこそ、21世紀版の新しい坊っちゃんという作品を制作することになったのでしょう。

 

また、視聴率の予想としては、1月冬のドラマの特別番組であること、不朽の名作であること、出演キャストが豪華であることなどを加味すると、視聴率は24%ほどの数字を叩き出すのではないかと思います。

まとめ

夏目漱石は、統合失調症であったということが言い伝えられています。やはり、頭のなかの世界観が大きければ大きいほど、現実との不一致が生じてしまうんでしょう。

 

あの、芥川龍之介も現実とあたまのなかの世界が一致しないん統合失調症であったそうなので、この現実の差を埋めるために表現された文章が作品として世の中に出されることで、お二人は自分の世界をいうものを現実化させていたのかもしれませんね。

 

文章というものは、物質ではなく情報という分野に属しますので、コントロールするのは難しいですからね。しかし、新しいものをクリエイトするときには、必ず必要な力でもあります。なにか新しい世界を表現したいのなら、まずは脳のなかでイメージができないとなにも始まりませんからね…

 

この現実のズレのギャップを埋めることができる力こそが、その人に与えられた才能なのかもしれません。夏目漱石にとって、それは文章であり、ペンで文字を書くことだったんでしょう。この先もずっと語り継がれるようなドラマになればいいですね。

 

関連記事一覧

信長燃ゆ視聴率予想・あらすじとネタバレ・豪華キャストを公開!ロケ地はどこ?

赤めだかドラマ視聴率とネタバレ!あらすじとキャストと感想まとめ

大晦日山本KIDVS魔裟斗タトゥーで中止?年末はTBSにデメリットな理由

山本kid嫁ゆいと元嫁マリアの現在を比較してみた【画像あり】

紅白歌合戦【2015-2016】出演者&司会者公開!和田アキ子が出場の理由

2015紅白トリが近藤真彦と松田聖子に決まった理由とは

日本レコード大賞【2015-2016】予想!大賞と新人賞はどの出演者の手に渡る?

笑ってはいけない2015ロケ地を公開!名探偵24時大晦日のネタバレ

笑ってはいけない2016ニュース!名探偵で放送終了なの?

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ