下町ロケット8話視聴率は中村歌昇で一気に上昇したの?9話予告予想!

Sponsordrink

中村 画像

転用:http://matome.naver.jp/

とうとう下町ロケット後半戦であるガウディ編の1つの山場に突入していきそうですね!今回の下町ロケット8話では、歌舞伎役者である中村歌昇さんフリーアナウンサーである高島彩さんが出演されるようです!いったいどのような演技をされるのか注目ですね!

 

ということで今回は、中村歌昇さんについてと下町ロケット8話視聴率についてまとめてみました

 

【関連記事】

下町ロケット8話高島彩がフリージャーナリストを好演!流産した原因は?

下町ロケット真野ガウディ計画ネタバレと原作のモデルを公開!清原登場するの?

 

歌舞伎役者中村歌昇とは?

中村歌昇さんは四代目の歌舞伎役者であり、俳優業もこなす若きスターです。本名は小川雄朗さんといいます。やはり、歌舞伎役者ということもあり、言葉の重みと誠実さがとてもよく伝わってくる人間性を感じますね。

 

事実、中村歌昇さんをドラマに起用したプロデューサーである伊與田英徳さんも、中村歌昇さんの出で立ちや言葉遣いなどでかなりの好印象を受けたことがきっかけだったみたいです。実写ドラマ下町ロケット8話では、世良公則さん演じる貴船教授の研修医である葛西役を演じるようです。

 

そして演じるシーンは、貴船教授が長い間かけて開発してきた人口心臓コアハートの臨床試験に携わっているところ。人間の命に関わる重大なプロジェクトの一躍を担うわけなんですが、なんと人口心臓コアハートがうまく機能せず、患者の容態が悪化してしまうようなんです。

 

しかも、そのとき担当医が不在で研修医である葛西が対応することになり、、、いったいこのあとどのような展開を迎えるのか、そして、人口心臓コアハートの安全性は大丈夫なのかといったさまざまな問題が生じてきそうですね。

 

また、窮地に立たされた中村歌昇さんがどのような演技を見せてくれるのか、歌舞伎役者の方はよくドラマに出られることがありますが、みなさん素晴らしい演技をされる方ばかりですので、今回の出演をきっかけに中村歌昇さんの演技力に対しての評価が増し、業界内でも名前が広がるのではないでしょうか。

 

【関連記事】

下町ロケット今田耕司の結婚の条件ハードルが高い3つの理由

下町ロケット小泉孝太郎の現在の彼女は加藤綾子?スピリチュアルで話題

下町ロケット世良公則の愛人は川島なお美?それともかたせ梨乃なの

下町ロケット高島彩役の顔と演技の評価は!感想が下手だと言われた理由とは

 

下町ロケット8話の視聴率はいかに!

まずは、これまでの下町ロケットの視聴率を見ていきましょう!

 

下町ロケット1話 16.1%
下町ロケット2話 17.8%
下町ロケット3話 18.6%
下町ロケット4話 17.1%
下町ロケット5話 20.2%
下町ロケット6話 17.8%
下町ロケット7話 17.9%

 

平均視聴率17.7%という、今秋トップの成績を誇る作品として突っ走っていますね!そして、下町ロケット8話では、いままでの話の流れからして、人口心臓コアハートの失敗によって一波乱ありそうですよね。

 

おそらく、いままで有利に動いていた貴船教授やサヤマ製作所、日本クラインの立場が危うくなるのではないかと思います。また、特別なゲストとしてフリージャーナリスト役の高島彩さんが出演されることもあり、かなりの視聴率が期待できるのではないでしょうか。

Sponsordrink

 

そういった効果もあり、視聴率はおそらく24.5%ほどになるのではないかと思います。

 

また、さまざまなドラマが最終回を迎えたり、打ち切りを迎える中で、最終回の放送が一番遅いドラマということもあり、ストーリー展開の加熱だけではなく、かなり高い視聴率を記録することが見込めますよね。

 

今回ドラマに登場する中村歌昇さんの出演も視聴率アップの要因となることは間違いないと思いますので、下町ロケット8話の視聴率がどのくらいになるのか注目したいところですね!

 

※正式な視聴率が公開された場合、こちらに追記しますのでお待ち下さい。

 

下町ロケット9話予告予想

実写ドラマ下町ロケット9話の予告を予想していきたいと思います。下町ロケット7話で少し内容が予想できるシーンがありましたが、おそらく、サヤマ製作所の製品不備が大きな問題になってくると考えれます。

 

事実、サヤマ製作所の社長である椎名直之(小泉孝太郎)はビジネス的な発想はピカイチですが、自分たちの利益となるものはすべて手に入れようとする欲の深い男です。

 

もちろん、NASA出身であることはすごいことではありますが、実際のところ、キャッチコピー的な使い方しかせず、技術力や製品の品質に関しては、かなり乱暴な扱い方をしているように思えます。

 

こういった経営者はよく見ることがありますが、往々にしてうまくいっている方はいません。といいますが、こういったやり方をしている方がうまくいくはずがないんです。

 

また、貴船教授が行った、部下の手柄を自分のものにするような欲にまみれた行為もはっきりいってありえないですよね。日本クラインが佃製作所の佃航平(阿部寛)に対して行ったオファーも最初からよくわからないようなものでしたし、交渉のときの態度もちょっとおかしなものでした。

 

こういった社会の敵として考えておかしくないような行為をする輩が最終的に負けてしまうようなストーリー展開になるから下町ロケットはなんというか爽快な気分になりますよね。

 

しかし、最終回までどのような展開になるかはわかりませんので、ただ予告を予想するだけではなく、しっかりと下町ロケット9話も見なければですね。来週の放送も楽しみです^^

 

関連記事一覧

下町ロケット清原和博が登場!視聴率アップが期待できる3つの理由とは

下町ロケット安田顕が結婚して子供にメロメロ?離婚の可能性を検証してみた

下町ロケット殿村直弘銀行マン役の立川談春が感動させてくれる理由とは?

下町ロケット財前道生のスーツと髪型が演技とマッチしている理由

下町ロケット原作の最終回ネタバレ感想と実写ドラマの結末を予想!

ドラマ下町ロケットに土屋太鳳が選ばれた3つの理由とは

下町ロケット吉川晃司の白髪ヘアがカッコイイ3つの理由

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ