下町ロケット真野ガウディ計画ネタバレと原作のモデルを公開!清原登場するの?

Sponsordrink

下町ロケット 画像

転用:http://pisukisu.com/

実写ドラマ下町ロケット第二部となる、ガウディ計画編がついに始動しましたね^^まだ今作を見ていない方でも、そして、初回放送から見続けている方でも、楽しめるような内容になっていることが見込まれますね。

 

今回も初回から波乱に満ちそうな伏線が多数仕掛けられていますが、いったいどのようにしてこの現実を乗り越えていくのか、そして、佃航平(阿部寛)はどのような未来を実現するのか、、、後半戦の放送の鍵となるガウディ計画についてのネタバレ情報と、原作のモデルになっているもの、そして真野賢作の真意についてまとめてみました!

 

下町ロケットガウディ計画ネタバレ

この記事を読まれる前に1つだけ注意点があります。それは、下町ロケットガウディ計画編の核となる情報を提供するということです。まだドラマの内容がどのようになっていくのか知りたくない方は、ドラマを見ることで、少しずつ開示されていく情報を楽しんでください。

 

しかし、もしあなたが今後のドラマの展開がどのようになるのか気になってしょうがない、1日でも早く次の展開が知りたいという強い希望があるのなら、この先を注意深く読みすすめることをおすすめします。きっとあなたが求める情報が手に入ることでしょう。

 

まずはガウディ計画のあらすじから解説していきます。下町ロケットの前編でロケット打ち上げプロジェクトであるスターダスト計画を見事に成功させた帝国重工と佃製作所。大企業と中小企業がお互いの手を取り合うことで成し得ることができたこの結果は他に類を見ないような成果を上げることができ、多くの中小企業の社長に夢や希望を与えたと思います。

 

夢というものを語りながらも、しっかりと現実と向き合い、戦いながら前に進んで行くその姿に多くの視聴者が感銘を受けたのではないでしょうか。おそらく、5話放送までに7割以上の視聴者の方々が涙を流した作品であると思います。そういった素晴らしい功績をあげることができた佃製作所ですが、また新しい試練が訪れます。それも立て続けに、、、

 

まず1つ目は、帝国重工に供給するバルブシステムがコンペ形式で決定することです。いままで多額の費用を費やして研究開発し、やっとのことで実用化することができた価値の高いバルブシステムが他の会社と比較されることになったんです。

 

いままでの話の展開としては、佃製作所が作ったバルブシステム以上のものはこの世界に存在していないと財前道生(吉川晃司)が言っていたように、佃プライドというスローガンを掲げた佃製作所に技術力に勝る企業は皆無という設定でした。

 

しかし、ここにきてサヤマ製作所の社長である椎名直之(小泉孝太郎)が、アメリカのNASAでロケット工学をやっていたという実績を武器に、佃製作所から仕事を奪おうと目論んでくるんです。椎名直之社長も佃航平とおなじような経歴をもっており、ロケット工学を学んで、親が経営していた製作所を継いでいるというバックグラウンドをもっています。

 

そういった設定も下町ロケットならではだなと思いますが、やはりそれだけ大きなことをいうだけあり、たったの3年で引き継いだ会社の売り上げを2倍の40億まで上げたというのだからすごいです。もしかしたら、ロケット工学としての知識や技術ではなく、ビジネスとしての交渉力がずば抜けて優れているだけなのかもしれません。

 

初回放送で戦っていたナカシマ工業なんかがいい例です。しかし、サヤマ製作所は違います。しっかりとした技術力と製品の品質を持ち合わせているんです。やはり、正確な製品をNASAの技術力で開発したということで、帝国重工のお偉いさん方の目にとまったんでしょう。ガウディ編の放送によって、佃製作所がいままだ築き上げてきたものがすべて崩壊し、新しい時代を担う製作所が現れてしまったという感じでしたね。

 

「財前部長なんとかしてください!!!」と、頼みたいところですが、財前道生は、当分海外事業を任されるということで日本に滞在する期間が少なく、バルブシステムについての決定にはあかり関与することができないんだとか。そして、これは帝国重工の本部長である水原重治(木下ほうか)によって仕組まれたことみたいなんです。大企業はよくわからない政治的な人間関係の絡みがありますので、なんがか怖いですよね(⌒-⌒; )

 

せっかくバルブシステムを供給することが決まったのに、ここでサヤマ製作所にコンペで供給を横取りされていまっては経営の基盤が崩れてしまうことになりかねません。これからいったいどのような決断をし、どこに向かって走っていくのか、、、

 

そして、2つ目こそがガウディ計画についての内容となっています。ガウディ計画を立ち上げているのは、真野賢作(山崎育三郎)、一村隼人(今田耕司)、桜田章(石倉三郎)の3人です。彼らは人工心臓の核となる人工弁の研究開発に取り組んでおり、そのためにはなんとしても佃製作所の技術が必要だと主張しているんです。

 

人工心臓はもうすでに医療業界で使われているのではないかと、思われた方もいるかもしれませんが、実は、人工心臓の弁が問題となり、開発することができていないそうなんです。いまある既存の人工弁の大きさでは、どうしても小さな子供たちの心臓に適応されることができず、手術を受けられず、常に死の恐怖と隣り合わせで生きているような状態なんです。そこで、この状況を打破するために、ものづくり日本の技術力を駆使することで、人工弁を開発すること。それがガウディ計画です。

 

桜田章は編み物の会社を経営している社長さんです。さらに、彼が経営している会社は中小企業では実現することが困難な全自動機器を揃えた素晴らしいものでした。これだけのものを揃えておきながら、桜田章はそれらをすべて弟さんに任せ、ガウディ計画に人生のすべてをかけているそうです。

Sponsordrink

 

では、なぜ医療業界の一村隼人に力を貸して人工弁の開発に取り組んだのでしょうか。そこにはある壮大なドラマが存在していました。実は、桜田章の娘は心臓の病気が原因でわずか17歳という若さでこの世を去ってしまったんです。しかし、そんな娘のためになにもすることができず、毎日仕事に明け暮れる日々だった自分を攻めてばかりいる桜田章にとって、ガウディ計画の実現こそが、娘に対する罪ほろぼしだと思っているんです。

 

バルセロナにあるサクラダファミリアの現在も建築中であるという世界観のある芸術作品に感銘を受け、会社の名前をサクラダにし、今回の計画の主軸となる『ガウディ』という名の人工弁の編み機を開発していました。こういった心を動かすストーリーがあることで、さらに下町ロケットの世界観が輝きだしますよね。私も見ていて泣いてしまいまいしたから(/ _ ; )

 

さらにここで最大のネタバレをしたいと思います。それは、、、下町ロケットの最後の敵として登場するのが清原和博であるということです。これは一部のスポーツ紙で報道された内容ではありますが、やはり、小泉孝太郎さんがヒール役として最後まで登場するのはイメージが良すぎて無理があるという視聴者の声があったのも1つの理由だったと思います。

 

しかし、球界の番長として活躍してきた清原和博さんがヒール役として出演すれば、迫力がつくだけではなく、かなりの高視聴率を叩き出せるのではないでしょうか。ここ最近芸能活動を自粛してきた方の全国ネット復帰戦というべき素晴らしい役柄だと思います。今後はこれを機会にさまざまなドラマや映画でキャストとして登場されることを期待してしまいますね^^

 

《関連記事》

下町ロケット世良公則の愛人は川島なお美?それともかたせ梨乃なの

下町ロケット小泉孝太郎の現在の彼女は加藤綾子?スピリチュアルで話題

下町ロケット今田耕司の結婚の条件ハードルが高い3つの理由

下町ロケット高島彩役の顔と演技の評価は!感想が下手だと言われた理由とは

下町ロケット清原悪役はガセ?最終回の見どころをおさらい!【評価&検証】

 

真野賢作が夢にかけている真意はいかに!

真野賢作は下町ロケット前編で会社のなかで問題を起こし、退職することになりましたよね。その問題についてまだ知らない方は詳しく書いた記事がありますので、こちらから確認しておいてください。こんな問題を起こした真野賢作でしたが、いまでは素晴らしい職場で、給料面だけではなく、しっかりと夢を叶えるための仕事をしています。

 

そして、その夢こそがガウディ計画であり、真野賢作にとってそれがすべてなんです。事実、あれだけ自分勝手な考え方や行動しかできなかったのが、いまでは、プロジェクトのために必死になって佃航平を説得しようとしています。いまは利益にならないかもしれないけど、これから先、多くの人を救うことができるビジネスを生むことができる。

 

そんな夢のある世界を実現するためには、佃製作所の技術力どうしても必要。私にとってのロケットはガウディ計画なんです。かなり熱い男に変貌した真野賢作でしたが、なんだかカッコよかったですね。前編での印象が一気に払拭された感じがします^^

 

《関連記事》

下町ロケット4話あらすじ裏切り者の真野賢作がとった反逆行為とは?

 

以上がネタバレ情報のまとめです。いかがでしたでしょうか?参考になりましたか。おそらく、文字情報だけではいまいちわからないという方がいらっしゃると思いますので、そういった方々はぜひ、本編をご覧ください。期間内でしたら、公式サイトで再放送もやっていますのでチェックしてみるのもいいですよ!

 

関連記事一覧

下町ロケット清原和博が登場!視聴率アップが期待できる3つの理由とは

下町ロケット安田顕が結婚して子供にメロメロ?離婚の可能性を検証してみた

下町ロケット殿村直弘銀行マン役の立川談春が感動させてくれる理由とは?

下町ロケット原作の最終回ネタバレ感想と実写ドラマの結末を予想!

下町ロケットモデル会社はどこ?ロケ地企業が大田区である理由

ドラマ下町ロケットに土屋太鳳が選ばれた3つの理由とは

 

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ