下町ロケットモデル会社はどこ?ロケ地企業が大田区である理由

Sponsordrink

下町ロケット 画像

転用:http://kininaruentame.com/

下町ロケットの舞台となっている会社がどこにあるのかあなたはご存知ですか?今回はそんなあなたの疑問にお答えする内容をまとめてみました。そして、舞台となっている会社には理由がありました。おそらく、なぜその会社が選ばれたのか理由を聞けばあなたも納得したいただけると思います。

 

下町ロケットのモデル会社はどこ?

大田区の桂川精螺製作所という会社を舞台にして撮影が行われています。なんと、下町ロケットの監督が一目でこの会社を舞台に撮影したいと決めたほどの強い印象を与える力があるみたいです。


 

#下町ロケット#佃製作所

MATさん(@mat5502)が投稿した写真 –

桂川精螺製作所が創立されたのは、1938年9月1日、資本金1億円という中小企業で、自動車の部品やネジなどを主に商品として集まっているメーカーです。ほかにも工場を静岡県の掛川市やバンコクにも抱えており、グローバルに幅広く活躍されています。佃製作所のような宇宙開発部門というものはありませんが、顧客満足度の向上と継続的改善の実施という基本方針は、メーカーとして、しっかりとした製品を提供するという活動を徹底している姿勢が伺えます。

 

Sponsordrink

やはり、こういった社長の理念が浸透してきたからこそ、長い間会社を運営することができたのでしょう。佃航平(阿部寛)の想いとシンクロする部分がありますね。技術開発部の撮影はクボタつくば工場という茨城県つくば市で撮影されているようですが、
主に会社のベースは桂川精螺製作所で撮影されています。

 

歴史がある会社から学べること

設立した会社はいったい何年続くのか、あなたは考えたことがありますか?実は10年以上続く会社というのは全体の1%にも満たないんだそうです。ほとんどの会社が設立した1年以内に、人の問題、資金の問題、仕事関係の事故などが原因で倒産を迎えてしまうんです。

 

#下町ロケット #佃製作所

@picto2525が投稿した写真 –

しかし、そんななか10年以上会社の運営を続けている会社が一番多い国は日本なんです。アメリカでもなく、イギリスでもなく、ドイツでもありません。それだけ日本は伝統や文化を大切にしてきた誇り高き民族であるとも言えます。だからこそ、そういった文化を絶やすことなく継承していくことが我々日本人の使命なのではないかと下町ロケットを見て思うわけです。

 

世間ではたくさんの情報が蔓延していて、本当に大切なことが見えなくなっている人たちで溢れています。そして、混乱し誤った選択をしてしまう人が本当に多いです。そういった軸のない人たちが多いからこそ、もう一度大和魂を思い出す必要があるのではないでしょうか。

 

まとめ

中小零細企業が明日を生き抜くにはつらい現実が現代社会には存在しています。平和な日常生活を送っている人もいれば、毎日会社を守る為に駆けずり回っている人たちもいます。さまざまな人たちがそれぞれの価値観のなかで混在しているからこそ、おもしろい世の中ではあるのですが、ふとした瞬間、なにが正しく、大切なことなのかということがお金を追っているとわからなくなっていしまうことがあります。これは中小零細企業の経営者にはよく理解できることなのではないでしょうか。

 

下町ロケットを見ていると、本当に大切なことである夢や、たくさんのお客様から愛され続ける会社というのはどういったものなのか考えさせられます。

#土屋太鳳 #下町ロケット

土屋太鳳 Tao Tsuchiyaさん(@tsuchiyata0_stagram)が投稿した写真 –


 

関連記事一覧

下町ロケット裏切り者の真野賢作がとった反逆行為とは?

下町ロケット恵俊彰の年収はいくら?嫁と子供の現在はいかに!

下町ロケット今田耕司の結婚の条件ハードルが高い3つの理由

下町ロケット吉川晃司の白髪ヘアがカッコイイ3つの理由

ドラマ下町ロケットに土屋太鳳が選ばれた3つの理由とは

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ