マザーゲームネタバレ毬絵の長男彬・由紀は?8話あらすじ予想/感想

Sponsordrink

マザーゲーム 画像

マザーゲーム7話は

ご覧になりましたか?

 

しずく幼稚園の三大イベントである、

合唱発表会で繰り広げられる展開の数々、、、

 

手に汗握るというのは、

こういうことなんですね。

 

それぞれのママ友たちが、

いまの自分の現実と戦いながら、

お子さんと向き合っていく姿には、

多くの日本の女性たちに大きな共感を

呼んだのではないでしょうか。

 

そんな『マザーゲーム』7話の

内容をシェアさせていただきます。

 

マザーゲーム7話あらすじ・ネタバレ

 

今回の『マザーゲーム』の舞台は、

合唱発表会です。

 

幼稚園では、毎日練習がされているのですが、

矢野家の姑である、矢野静子(長谷川稀世)さんが、

矢野優輝(大江優成)くん、そして、今回の合唱発表会の

楽曲に対してまでかなり口を挟み始めていました、、、

 

練習を見に来るのはいいのですが、

完璧でないことに納得がいかなかったようで、

練習中に口出しをする始末、、、

 

孫の矢野優輝くんのバイオリンのパートを

もっと難しいものにして、合唱発表会で立派な姿を

見せたいそうなんですが、なんだか、話を聞いていると、

そんな孫を育てている自分という存在を、

周りの知り合いや関係者に見せつけてやりたいような感じで、エゴ丸出しでしたね。

 

視聴者のお母さん方は、

矢野静子さんのシーンを見る度に

むしゃくしゃしているのではないでしょうか。

 

ちなみに、私は毎回眉間に

シワを寄せています(笑)。

 

この矢野静子さんの行動には、

さすがのしんのすけ先生(瀬戸康史)も困っていましたね。

 

挙げ句の果てに、蒲原陽斗(横山歩)くんの指揮に

ケチをつけ始めたときには、さずがの矢野聡子(長谷川京子)さんも

かなりバツが悪そうでしたね。

 

しかし、そこですかさず、

小田寺鞠絵(檀れい)さんが矢野静子さんの前に現れ、

 

鞠絵:「矢野さん、子供たちは、みんな一生懸命頑張っています。 一緒に楽しみましょう。」

 

と、言葉をかけました。

 

さすがに、しずく幼稚園のマザーゲームカーストの首位をキープしている

5億円の資産をもつ小田寺家のご令嬢の発言に、

なにも言葉を発することができずに、その場を逃げ去っていきました。

 

そんなかっこいい小田寺鞠絵さんに対して、

蒲原希子(木村文乃)さんも、思わず、

 

希子:「鞠絵さんありがとうございました。」

 

と、声をかけていました。

 

本来、子どもたちの成長を促し、

その姿を日々見守っていくのが、

親の務めなのですが、どこかで、

自分の欲望を満たすために使われ始めてしまって子どもたち。

 

権力争いの道具に使うのではなく、

しっかりと子どもと向き合うことで、

母子ともに成長していくという姿勢で子育て、

そして教育ということをしていってほしいですよね。

 

後藤みどりさんの末路

娘の後藤梨花(矢崎由紗)ちゃんを、夫も後藤修平(丸山智己)さんに

連れて行かれてしまった、後藤みどり(安達祐実)さん

前回の『マザーゲーム』6話では、

この話題がかなり中心てきでしたが、

今回は、そこまで大きな展開は出ませんでした。

 

居候先の磯山琢己(上地雄輔)さん宅からは、

出ていくことを決め、そのあとどうなったのか、、、

 

謎です。

 

ただ、後藤みどりさんは、かわいそうではあるのですが、

Sponsordrink

なんだかんだで、行動が自分勝手すぎるなと、

思う部分が多々ありますよね。

 

後藤みどりさんを見ていると、

なにごとも、子どものためなら我慢する、

矢野聡子さんの立派さがとてもよく伝わってきます。

 

今回の『マザーゲーム』の放送のなかでは、

合唱発表会の最後に、夫である後藤修平さんが、

後藤みどりさんのところに向かっていくところで、

終わってしまったのですが、いったいどのような展開になるのでしょうか、、、

 

もしかして離婚?親権は?

経済力がある夫の手に渡るの?

 

複雑ですね。

 

とにかく、今後の後藤家の展開を

見逃さないようにしないといけません。

 

エスカレートする神谷由紀さんの副業

借金の金額が膨れ上がり、

なんとかして、返そうと必死になる

傍ら、娘の神谷桜子(後藤由依良)ちゃんの教育費も重んでいく、、、

 

そして、しずく幼稚園で、自分のステータスを保つために

ブランドもので自分の身を固めるたびに、

ママ友たちとお付き合いするたびに多額の出費が出ていきました。

 

こういったストレスのはけ口をパチンコにしていた神谷由紀(貫地谷しほり)さんは、

足りないお金を、消費者金融から融資してもらうことに、、、

 

負のスパイラルといのは、

こういうことを言うんですね。

 

まさに悲惨な展開です。

 

そして、返済が遅れていることに関して、

とうとう、消費者金融からの使者が、

今後支払いが遅れるようなら、夫である

神谷恭二(篠田光亮)さんに話すと言われてしまいます。

 

まさに脅しですね。

 

そして、とうとう彼女は開けてはいけない扉を

開いてしまうのでした、、、

 

いったいどういうことなのか気になりますか?

 

詳細は、次回の『マザーゲーム』で、

放送されます。

 

なかなかえぐい展開ですが、

1つの起こりうる現実として、

捉えていただければと思います。

 

小田寺鞠絵さんの狂気乱舞

『マザーゲーム』6話のなかで、

小田寺家に実はもう1人お子さんがいることを

知ってしまった蒲原希子さん、、、

 

ただ、小田寺信(五十嵐陽向)くんに、この事実を

お母様には言わないでほしいと口止めされていた

蒲原希子さんは、小田寺鞠絵さんに聞くことができませんでした、、、

 

しかし、蒲原希子さんがその事実を

知っていることを、小田寺家の長男である、

小田寺彬(望月歩)くんの口から小田寺鞠絵さんは、知ってしまうのです、、、

 

彬:「蒲原希子に僕のこと話すの?また、僕のことを苦しめるの?」

 

そう言い放って、小田寺鞠絵さんの前から

消えた小田寺彬くん。

 

なんとかして、小田寺彬くんを

表の世界に出そうとしている最中の出来事で、

小田寺鞠絵さんにとって、とても大きなショックだったのでしょう。

 

その事実が発覚してから、

蒲原希子親子に対する態度が一変しました。

 

次回の『マザーゲーム』8話の予告動画では、

 

鞠絵:「私に近づかないで!!」

 

とすら言い放っていました。

 

なにがこんなに感情的にさせるのか、

そして、どんな秘密が隠されているのか、

毎回小田寺彬くんの情報をちらつかせますが、

結局どんな秘密が隠されているのかわからないので、

気になってしょうがないですよね。

 

もしかしたら、もともと、

小田寺鞠絵さんは、かなり厳しいスパルタ教育ママで、

小田寺彬くんを苦しめたのではないでしょうか、、、

 

これは、あくまで予測ですが、ドラマの流れを見ていると、

なんとなく、そういった過去があるのではないかと予想できます。

 

しかし、真相はまだ誰にもわかりません。

 

今後どのような展開になっていくのか、

 

ママ友たちの奮闘劇に期待大ですね!!

 

なかなかえげつない展開になってきましたが、

全体的なドラマの構成としては、

ハッピーエンドだったり、すっきりする終わり方が多いので、

いい方向にいくのではないかと思います。

 

次回の『マザーゲーム』8話も

見逃せないですね!!

 

最後に、マザーゲームの主題歌

スーパーフライの『Beautiful』をどうぞ!!

 

自分を見失いそうになるママ友のゲームのような関係性、

そんななかで、自分を愛し、信じて、本当に進むべき道を

照らしてくれる、そんな音楽です。

 

 

 

大切なことを忘れそうになったときに、

何度も聴き直してほしい音楽ですね。

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ