ホテルコンシェルジュ7話赤ちゃんの出産の感想はいかに?8話予告

Sponsordrink

 

ホテルコンシェルジュ7話後編です。

 

まだ、ホテルコンシェルジュ7話前編を

ご覧になっていない方はこちらからどうぞ!

 

ホテルコンシェルジュ7話前編

 

美香と幸一への最高のプレゼント!いやぁ~、ヨカッタなぁ…って、うん?

部屋で朝ごはんを食べ終わった美香と幸一。

そこに突然塔子が現れ、午後からのチャペルの見学の

予定を早めてほしい、と頼みます。

 

部屋を出る二人。本番さながらのタキシードを

着るように言われた幸一は、戸惑いながらも

言われるがままチャペルのドアを開けます。

 

するとそこには、ウエディングドレスを身にまとった美香の姿…。

美香と腕を組み、バージンロードを歩いていく幸一。

 

チャペルで待っていたのはお客様役のスタッフたち、

打ち合わせのために一緒にホテルに来ていた新郎の両親、

そして去年このホテルで式を挙げた、

出産前に想い出のチャペルを見に来ていたお客様の倉田夫妻(←笑)、

そしてタキシードに身を包んだ、新郎の俊介…。

 

神父役の珠久里(←笑)の前で永遠の愛を誓い合う二人。

幸一はみんなに感謝を伝えます。

 

「おかげさまで、あきらめていた娘の

花嫁姿を見ることができました」…えっ?

「…お父さん、(病気の話)気づいてたの?」

「…美香、お前は、母さんがわたしに残してくれた大事な宝物だ。

俊介くんとシアワセになるんだぞ」涙ぐむ美香を見ながら、優しく微笑む幸一…。

 

イヤァ~、よかったネェ~(^o^)とチャペルのみんなと、

視聴者のみなさんが思った(←たぶん)ところで、

場面は社長室に移り変わります。

 

チャペルで鳴り響く鐘の音を聴きながら、

話し合っているのは成沢社長とGMの片桐。

 

片桐「また、行き過ぎたサービスです」

「天野くんか…」「はい…」依頼していた

人事調査の結果が出たと語る片桐。

 

経営者としてもっともいけないのは、

情に流されて社員全員を路頭に迷わすことだと語る成沢。

 

「…また、同じ過ちを繰り返すわけにはいかない」

いったい過去の過ち、そして人事調査の内容とは?

 

突然産気づいたお客さん!塔子が、幸一が、葉子が奔走!

その頃式のリハーサルを終えた美香たちは、

塔子と本城にお礼を言っていました。

 

すると突然、本城の電話が鳴りました。

 

電話の相手は客室係の亜里砂で、

なんと先ほどチャペルにいた倉田夫妻の奥さん・歩美が

破水したらしいのです!

 

そのことを本城が塔子に告げると、

幸一が「私も行ってもよろしいですか?」

幸一の担当は産婦人科だったのです!

 

救急車を呼ぶと同時に部屋を準備し、

妊婦をベッドに寝かせる幸一とスタッフたち。

 

そこに歩美が苦しんでいる時に

たまたま近くを通りかかっていた葉子も加わります。

 

赤ちゃんの頭が出かかっており、

搬送は無理なのでココで産むしかない、と言う幸一。

驚く歩美とスタッフ。

 

そんな中葉子は、自分は過去にもお客様の出産に

立ち会った経験があると語り、

テキパキとスタッフたちに指示を出していきます。

 

救急隊の到着に備えて、部屋の外で待機をする牧原と珠久里。

 

でも落ち着かず心配しながら部屋をずっと見ています。

そして「…おぎゃぁ…!」赤ちゃんの声。無事に生まれた!!!\(^o^)/

 

「旅館売るのやめてほしい!」牧原の熱い叫び。親子の想いがひとつになった…

救急車も到着し、無事にすべてが終わり、

帰ろうとする葉子の部屋に荷物を運ぶ牧原。

 

さっきは冷静でスゴかった、という牧原に、

出産に立ち会う経験はコレで4度目だもの(←多っ!)、

という葉子。行きましょうか、という葉子。

 

しかし牧原は部屋を出ようとせず、

葉子に向かい「母ちゃん…オレ…旅館継ぎたい」と言います。

Sponsordrink

 

気持ちはウレシイけど無理しなくても、という葉子に、

「オレが継ぐから売るのをやめてほしい!」とふたたび強く言います。

 

一日も早く継げるように頑張るから売るのをやめてほしい、

その日まで葉子にはまた苦労をかけてしまうから、

またフォルモントに来てほしい、という牧原。

 

そしてその時にはおかみとしてではなく、

普通のお客さんとして過ごしてほしい、と言います。

 

フォルモントは日頃の肩書や仕事を忘れ、

ホッとできる場所。

 

父がなくなってからは女手一つで旅館を切り盛りしてきた葉子には、

そんな時間がずっとなかったのではないかと牧原は思っていたのです。

 

「オレの前でまで、おかみでいることないよ」

「そうね…ありがとう」

そして葉子も語り始めます。

 

葉子が牧原に旅館を売ることを相談しなかったのは、

相談したらムリをしてでも旅館を継ぐと言うのではないかと

思ったからだったのです。

 

「でも…ほんとに継ぎたいと思ってくれるなら、

母さんもうれしい」笑い合う二人。

 

お互いを想い合う、優しい二人の愛情が、

ひとつになった瞬間でした。

 

二つの奇跡が幸一のココロに生きる希望を灯す…その一方で塔子の身に危険が迫る!!

そしてフロントでは、小野寺親子が

チェックアウトしようとしていました。

 

出産を助けていただきありがとうございました、

という塔子に幸一は「お礼を言うのはこっちの方です」

ステキな結婚式のリハーサルと新しい命の出産、

立て続けにイイことが重なったと語る幸一。

 

そして…「こんなにいいことが二つ重なると

なんだか欲が出てきました。…結婚式、

リハーサルで終わりじゃなくちゃんと

出てやりたいと思ってます!」

 

またココに来られるようにどうにか頑張る、

天野さんにもまた会いたいしと言う幸一。

 

その一言を聞き、とびきりの笑顔を見せる塔子。

 

…そんな塔子にとんでもない危機が迫っていました。

人事調査の結果について、総支配人の鷲尾に語っている片桐。

 

人事調査でクビの対象となったスタッフが3人いたとのこと。

そしてその一人が塔子だったのです!!

 

塔子は他のコンシェルジュに比べてスキルが低く、

他部署を巻き込んだ過剰なサービスも多い、

コスト意識も欠けていると語る片桐。

 

「…そうでしょうか?」と聞く鷲尾に、塔子の熱意は認めるけど、

今のフォルモントの目標は業績アップ、

彼女が一流になるのを待つ余裕はない、と言い放つ片桐。

 

…果たしてこの先、塔子の運命は!?

 

第8話のあらすじ!研修で波乱の予感…。

第8回のあらすじも公式HPでアップされています。

 

9月になり、ホテル専門学校生の研修が始まったフォルモント。

 

しかしその中の保科という学生は周りのスタッフや

お客様に対して失礼な態度を繰り返し、

トラブルを起こしてしまいます。

 

先輩に注意されてもどこ吹く風で…。

 

一方、女子生徒の真島咲希は丁寧に仕事をしますが、

お客様の急なリクエストに応えられず、

緊張から過呼吸になってしまいます。

 

さらに咲希の母・藍子が、咲希にはホテルの仕事は

無理だから諦めるように言ってほしい、と珠久里に頼み…。

 

塔子の今後も含めてめちゃくちゃ気になる

第8話、9月1日(火)放送です!

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ