デスノート6話あらすじ・ネタバレ・感想・7話予告

Sponsordrink

デスノート ドラマ 画像

デスノート6話はご覧になられましたか?

 

とうとう第二のキラ容疑で弥海砂

拘束されてしまいましたね。

 

やはり、証拠を残してしまったミサミサは

もうこの容疑から逃れることはできません。

 

さて、今回のドラマデスノートは

いったいどのような展開になったのか、、、

 

次回放送の6話予告も兼ねて、

シェアしていきたいと思います。

 

キラの正体を自白させるために拷問をするL

第二のキラ容疑でがんじがらめの

拘束をされてしまった弥海砂。

 

顔を見るだけで殺すことができる能力が

あるということで、キラ対策室のLは

かなり警戒しているようです。

 

弥海砂「殺して」

 

弥海砂「早く私を殺して」

 

レム「私に言っているんだね、ミサ」

 

弥海砂「どうせ私はあのとき死んでいたのよ」

 

弥海砂「いま死んだら私は幸せ」

 

レム「お前そこまで夜神月のことを」

 

弥海砂「お願い私を殺して」

 

そして弥海砂が気を失ったかと思った矢先、

なにがなんだかわからない言葉を発し始めました。
いったいなにが起きたのか、、、

 

実は、弥海砂はデスノートの所有権を放棄したのです。
デスノートの所有権を放棄したことで、

いままでデスノートを使ったこと、

レムやリュークという死神のこと、

そして夜神月がキラであるということを

完全に忘れてしまったのです。

 

もちろん、せっかく手に入れた

死神の目も失いました。

 

弥海砂の脳内にあるすべての情報がなくなったので、

もうなにも証拠を引き出すことができません。

 

様子が急に変わり始めた弥海砂は、

 

弥海砂「ストーカーさんやめてよ。」

 

弥海砂「サインも握手もしてあげるから。」

 

弥海砂「ほっぺにチューもしてあげるから。」

 

弥海砂「ストーカーさんが私のファンだから

    私を監禁したんでしょ?」

 

と、意味不明な発言をする始末。

 

ノートに関する記憶をすべて消去された

弥海砂ではありますが、皮肉にも夜神月を

愛した記憶のみ残っている弥海砂

なんだかロマンチックですね。

 

Lの狙いはキラである夜神月ではあるが、

第二のキラであるという証拠がある弥海砂を

どれだけ追い詰めてもキラの正体を暴こうとしています。

 

そんなLの姿を見たレムは、

 

レム「弥海砂を救い出せ夜神月、

 できなければ私がお前を殺す。」

 

と、夜神月を脅します。

 

さあ、いったいどうなるのか、、、

 

警察がキラを拘束した

 

世間ではキラの犯罪者に対する粛清が止み、

キラが警察に拘束されたという噂が広がっています。

 

そして、夜神月はこの状況を打開するべく

ある計画を立てました。

 

そして、、、

 

夜神月は自らキラ対策室に赴き、

 

夜神月「自覚がないだけで俺がキラなのかもしれない。」

 

夜神月「もしかしたら寝ている間に

    もう一人の俺が人を殺しているかもしれません。」

 

と、自分の中のもう一人の自分が

キラであるかもしれないと演技をし始めたのです。

 

そんな自暴自棄になっている

夜神月に対してLは、

 

L「それはありません。」

 

L「ずっと監視していましたが、

  一人でフラフラ出て行っていません。」

Sponsordrink

 

夜神月「だったら気がすむまで俺を調べてくれ

     俺がキラでないと納得するために、

    いや、俺自身が納得するために。」

 

夜神月の狙いはいったいなんなのか、

勘ぐったLではありましたが、

 

L「まあ少し腑に落ちませんが

  拘束してください。手間が省けました。」

 

夜神月「その代わり、疑いが晴れたら、

    弥海砂も解放してくれ!」

 

自分のなかにいるかもしれないキラと戦う。

そう決意した夜神月は拘束されました。

 

そして、夜神月の過酷な尋問が始ました。

 

夜神月を拘束したら、

キラの裁きがピタリと止まったことで、

さらに夜神月がキラである疑いが強まります。

 

粛清が止んだことで

ますます疑われている夜神月。

 

デスノートの所有権を放棄すれば、

夜神月の記憶はなくなり、

情報を引き出せなくなるのですが、

夜神月はいったいデスノートの放棄をする前に

なにをしようと企んでいるのか、、、

 

そして、また粛清が始まりました、、、、

 

キラが動き出したのです。

 

ここ1週間で報道された

指名手配されている容疑者が殺された。
いったいなにが起きたのか、

実は夜神月はLに拘束される前に

レムとこんな約束をしていました。

 

夜神月「ある程度の地位があり、

    出世欲がある人間にデスノートを渡す。」

 

夜神月「人間の欲望を利用して、

    新しいキラを作ってくれ。」

 

夜神月「そういった人間がデスノートを使えば、

    警察が必ず動き逮捕される。」

 

夜神月「そこでデスノートを取り戻すことにかける。」

 

弥海砂を救いたいレムはこの約束を引き受け、

ある企業の出世欲の強い重役にデスノートを渡しました。

 

そして、デスノートの所有権を捨てた夜神月は、

キラであるときの自分の記憶をすべて失ってしまうのです。

 

ここは本当に原作通りのシナリオでしたね、

とくに拘束されているときの夜神月の

迫真の演技には驚きました。

 

素晴らしかったです。

 

視聴率が落ちていることで、

メディアにいろいろなことを言われていますが、

これから活躍していく新人俳優として

主演の窪田正孝さん山崎賢人さんは、

素晴らしい演技をされていると思います。

 

今後の活躍が楽しみですね。

 

ドラマデスノート次回予告

次回のドラマデスノート7話は、

デスノートを保有する新しいキラを

追い詰めるストーリーです。

 

原作と同じく四つ葉グループに潜むキラは、

自分のことをバベルと呼んでいました。

 

Lは欲にまみれた悪魔バベルを

どのようにして確保するのか、実物ですね。

 

あと、毎回少しだけ出演するニア

今回はもう少し出演時間が長いことを期待します!

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ