デスノートドラマ4話ミサミサが可愛くない理由まとめ

Sponsordrink

デスノート 画像

デスノート第4話が放送されましたね。

キラ捜索のためにアメリカから派遣された

FBI捜査官が全滅したことにより、

かなり追い詰められてしまったLでしたが、

この一件のおかげでかなりキラの疑いのある人物が絞られてきたのも事実です。

そして、今回とうとうあの2人が接触することに、、、

ということでドラマデスノート4話の詳細をシェアします!

 

監視カメラの仕掛け

夜神月に対する疑いをますます深めたLは、

監視カメラと盗聴器を仕掛けることで、

24時間体制で見張り始めました。

 

自分の部屋に仕掛けをしていた夜神月は、

部屋に誰かが侵入したことに気がつき、

死神のリュークにりんごと交換条件で探させたところ、

64個のカメラが見つかったようです。

 

もし今後、デスノートを使った犯罪者の粛清が止まったら、

さらに夜神月の疑いは深まります。

 

監視されている時間に報道された犯罪者たちに

裁きを下すにはいったいどうすればいいのか、、、

 

考えた末に夜神月がとった行動は、

ポテチに袋の中にワンセグとデスノートの

切れ端を仕込んでおいて犯罪者を粛清するという作戦。

 

この行動はまったく監視カメラに映らなかったので、

Lも、キラの捜査本部の人間もかなりびっくりしていましたね。

 

いったいどうやって、、、

キラの殺しの手口は

 

完全に夜神月を疑うことしか考えていない

Lは証拠と手口を探しますが見つかりません、、、

 

しかし、犯罪者の粛清が行われた日に撮られた

夜神月の監視カメラのビデオを何回も見直していくうちに、

ポテチを食べているときの指の動きに異変があることを察知します。

 

そして、夜神月の行動を抑制し、確信に迫ろうとしたLは、

夜神月の大学に勝手に潜入してしまいます。

 

夜神月vsL

夜神月の大学のクラスに潜入したLは、変装などまったくすることなく、

そのままの姿で夜神月に接触しました。

 

「夜神月さん、Lです。」

 

なんだこいつ夜神月はそう感じたのですが、

電話で声を確認していたので、Lなんだという確信をもちました。

 

そして、出会って早々テニスの試合を持ちかけてきました。

 

「僕とテニスで勝負しましょうよ。」

 

「高校のときにやっていたんだよね。資料でみました。」

 

「君が勝ったら僕の名前を教えてあげる」

 

「そのかわり、僕が勝ったらお願いごとを聞いてもらいます。」

 

「本気か

 

「ただの遊びですよ。」

 

遊びのテニスでプロファイルするつもりなのか

いったいLはなにを考えているんだ。

俺に姿を晒すことでなにをしたいんだ。

 

ここから、テニスをしながら、

見えない心理戦、駆け引きが始まります。

 

「Lはわざわざ顔を見せた理由は

 

「勝つのか、負けるのか。」

 

「殺しの方法を暴いてやる。」

 

「お前の好きにはさせない。」

 

「消してやるL」

 

雑念が生じたのか、

それとも夜神月の方が実力が上だったのか。

夜神月が勝利しました!!

 

そして、、、

 

「知りたいですか僕の名前。」

Sponsordrink

 

と、いい名前を出したのが、

 

流河秀樹、アイドルと同姓同名。

完全にバレバレの偽名を使ったL。

 

しかし、アイドルの顔を知っている以上、

むやみにデスノートに名前を書くことができない夜神月。

 

完全に一本とられたって感じですね。

 

前回のデスノート3話では完全にキラの勝利でしたが、

今回は完全に攻められっぱなしの夜神月。

 

むしろ、正体がいつバレてもおかしくない、

そこまで追い詰められてしまっていましたね。

 

しかし、そこに救世主として第二のキラ弥海砂が現れました。

 

いままでテレビやインターネットで名前と顔が報道されていた

犯罪者にしか粛清をしてこなかったキラとは違い、

小さな犯罪の粛清まですることに対して疑問を抱いたLは、

第二のキラは顔だけで人を殺せる能力があると推測します。

 

そして、第二のキラによる脅迫ビデオがマスコミで流れた直後、

警視庁によるキラに協力はしないという報道に対して怒りを覚えた

第二のキラは、警視庁の管理官に粛清を与えます。

 

デスノートの原作の漫画とは少しキャラクターの設定などが違う部分があったので、

どのような展開になっていくのか心配でしたが、

ここに来て、原作と同じようなストーリー展開になってきましたね。

 

デスノート4話の最後のシーンで

夜神月の自宅に訪問した弥海砂が夜神月に対して、

 

「あなたのは何色私のは赤なの。」

 

といい、自分のデスノートに触れさせたことで、

弥海砂についている死神であるレムと接触することに。

 

かなり盛り上がったきましたね。

いったいこのあとどうなるのか、、、

見逃せません!

 

デスノートの考察

「新しい世界の創造」

 

犯罪のない世界を創ることで、

世界を変えようとしている夜神月。

 

その考え方に共感する人、

彼をなんとしても捕まえようとする人。

 

いろいろな登場人物が出てきますが、

あなたはどの登場人物の考え方に共感しますか

 

そして、なにが正義だと思いますか

 

ドラマの中では、デスノートの力を手にいれたことで

人を殺す能力を身につけてしまった夜神月は、

歪んだ正義感を身につけた大量殺人鬼でしかないと言われています。

 

しかし、犯罪者の粛清により、

救われた人たちからは彼は神だと崇められています。

 

キラは常軌を逸した力を手に入れた人間であり、

その力を使って自分を救いさらに世界を正そうとしている。

 

そんなキラに共感し、

ともに世界を創造しようと動く人間が

出てくるのはおかしくないと思います。

 

人間には誰しも心の闇があり、

感情に支配されてしまっている部分が存在します。

理性ではコントロールできない部分です。

 

なにが正しい、どうすることが法律に沿っている。

 

犯罪に対する見解は様々ではありますが、

結局のところ、自分が安心できる場所、

そして、自分を窮地から救ってくれた人に対して、

人間は強烈な信仰心を持ってしまうんです。

 

ここがすごく厄介なのですが、

人間の行動する動機はすべてこういった感情なんです。

 

理屈ではないんですね。

 

デスノートはこういった人間の深い深層心理についても

考えれて構成されているので、とても勉強になりますね。

 

ただ、1つだけ原作のデスノートとの違いで気になる点があります。

 

それは、ミサミサこと弥海砂のキャスティングについて

かわいくないということが書かれていることに関してです。

 

まだドラマも始まったばかりなのに、

そういった見解を持つことはよくないと思います。

 

とくに、来週のドラマデスノート5話では、

弥海砂と夜神月のキスシーンもあるようですし、

これからの彼女の演技に大きく期待していきましょう!

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ