デスノートの優希美青が演じるニア・メロ役が注目されている3つの理由

Sponsordrink

デスノート ドラマ 画像

デスノート9話では、

とうとうLが死んでしまいました。

 

どういった物語の展開になるかと思いきや、

ちゃんとビデオメッセージという形でドラマには出演を続けているL。

 

しかし、ドラマデスノートもそろそろ終盤を迎えてきましたね。

果たしてこのあとどのような結末を迎えるのか、、、

 

オリジナルストーリーの展開が楽しみです!

 

そんななか、Lの代役の探偵としてキラ事件を追うことになった、

ニア役の優希美青さんについて詳しく迫っていきたいと思います。

 

これからLの代役として活躍する優希美青が演じる

ニア&目と役が注目されている3つの理由を私なりに考察してみました。

 

1つ目の理由:優希美青がかわいい

これはおそらく多くの方が思われていると思います。

 

原作のニアとは違い、女の子という設定もあると思うのですが、

とにかく優希美青さんがかわいいんです。

 

本名:菅野莉奈、生年月日:1999年4月5日という事実があるので、

出演者のなかでもずば抜けて若いというともありますね。

 

とくにドラマデスノート9話のなかでの演技1つ1つに

あどけなさがあるといいますか、推理1つとっても

ドラマを見ていれば誰にでもわかることでしょ、、、

 

みたいなものばかりで、ニアに期待した視聴者にとっては、

正直、拍子抜けしてしまったところがあると思います。

 

唯一すごかったところは、監視カメラにハッキングするシーンでしたね。

あれ以外はかわいらしさと、フワフワ感満載のキャラクターでした。

 

まだ未成年ということもあり、

とにかく若いのであどけなさがありますからね。

 

しかし、そういったところに惹かれている方もいると思いますし、

そこが優希美青さんがいま注目されている理由の1つだと考えられます。

 

2つ目の理由:原作とは違うオリジナルキャラクター設定

2つ目の理由は、原作とは違うキャラクター設定にあります。

 

原作のデスノートのなかでは、ニアとメロという二人の登場人物がいたのですが、

今回のドラマは二重人格のニアとメロをもつ天才的頭脳をもった探偵という設定です。

 

基本的には、原作のニアとメロがただ二重人格になっただけではありますが、

ストーリーの展開はかなり違ったものになってきているので、

いったいこの先、ニアとメロをどのようにして演じていくのかが見ものです。

Sponsordrink

 

とくに来週放送のデスノート10話では、メロの人格が出てきているニアが

機関銃をもって夜神月と夜神総一郎を襲います。

 

夜神粧裕(藤原令子)さんを人質にとったところは、

原作と展開が似てはいますが、日村章子(関めぐみ)さんの

裏切り行為は予想がつかず次回のデスノートにどのにようにつながるのか楽しみです。

 

3つ目の理由:ニアとメロの関係性の謎

ドラマデスノートが始まってから徐々にキャラクターを

小出ししていたニアとメロでしたが、デスノート9話の放送から

本格的に主力メンバーに加わりました。

 

そんななか、ニアとメロの二重人格がなぜ生まれたのかという

人格の関係性という謎がまだ残っています。

 

伏線として敷いてある一部の情報だと思いますが、

いったい、なぜニアとメロは二重人格になってしまったのか。

 

そして、キラとの直接対決に向けてどのような関係性で

ニアとメロは捜査をしていくのか、、、

 

原作にはないオリジナルストーリーであるがゆえに

気になっている方がいると思います。

 

おそらく、この謎は次回のデスノート10話ですべて開示されると思います。

見逃せないですね。

 

まとめ

統括して言えることは、ニアとメロ役の

優希美青はかわいいということですね。

 

今日は朝から #デスノート の撮影です✨ #ニア になったり #メロ になったり大変です💦

優希美青さん(@mio_yuki)が投稿した写真 –

#デスノート 9話今夜放送✨ #ニア #メロ

優希美青さん(@mio_yuki)が投稿した写真 –

かわいいがゆえに、メロ役とのギャップが激しく、

視聴者の心をくすぐっている部分もあるのではないでしょうか。

 

今後の優希美青の活躍、ニアとメロがキラを

追い詰めていくラストシーンに期待大です!!

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ