デザイナーベイビーネタバレ1話・あらすじ・キャスト感想をシェア

Sponsordrink

デザイナーベイビー 画像

今回はデザイナーベイビーについて

深く考察していきたいと思います。

 

デザイナーベイビーと聞いて、デザインされた赤ちゃんのことを

イメージされる方が多くいらっしゃるかと思いますが、

デザイナーベイビーの脚本家である早船歌江子さんはそれ以上の作品であると、

メインサイトでは主張していました。

 

また、演出家である岩本仁志さん、制作統括の磯治明さんも

深い感情をいただきながらこの作品に挑戦していうことが伺えます。

 

はたして、その言葉の裏側には

どういった真意が隠されているのでしょうか?

 

そして、どういったイメージをしながら脚本を描いたのか、、、

見ていきましょう!

 

デザイナーベイビーネタバレ、早船歌江子さんが思い描く構想とは

女性であり、お子さんを産むことができる作家さんだからこそ感じる

葛藤が心のなかで生まれているのだと思います。

 

生まれてくる子供に対して手を加えることで

自分たちが望んだ結果を生み出してくれるそんな赤ちゃんを手に入れる。

 

これは神への冒涜だという方がいるかもしれませんが、

法律上、裁かれることはありませんので、

やるかやらないかは当人たち次第です。

 

しかし、ここで1つだけ疑問点が湧いてきます。

 

もし、生まれてきたデザインされた赤ちゃんが、

思っていたような遺伝子をもつことなく、

想像していたこどもよりも劣っていたらどうなるのでしょうか?

 

望まれて生まれてきたはずの命に対して、

自分が望んでいる結果をもたらしてくれることに価値を感じているのなら、

もし、それを満たさなかったら子供の存在意義はなくなのでしょうか?

 

家庭という一番小さな社会でうまくいかなかった場合、

社会に適応できなくなってしまう子どもになってしまいます。

 

もし、生まれてきた子どもに劣化している部分があり、

そこを受け止めて受け入れる愛情がなければ、

子どもたちはおそらく行き場を失い、生きる意味すら感じなくなってしまうでしょう。

 

これは社会にとって死活問題であり、

人間の欲望が生み出してしまった愚かな過ちとなります。

 

こんなことを許してしまっていいのでしょうか、、、

 

そういった想いも含めているのか、ドラマの物語のなかでは、

デザイナーベイビーというコンセプトのなかで、

 

たくさんの失敗を繰り返しながら、真実に気がついていくような

方向性でセオリーを組み立てていくそうです。

Sponsordrink

 

なにはともあれ、壮大なスケールで描かれている世界観であることは

間違いありません。どういった構成になるのか楽しみですね。

 

デザイナーベイビー演出の岩本仁志の想い

演出されるのは、岩本仁志さんです。

 

なんと、岡井崇先生の作品を扱うのは2回目なんだそうです。

しかも、前回も生命の誕生についての物語だったようですね。

 

一度お仕事をされたことがあるからこそ、

生まれる世界観の一致した演出が期待できそうです。

 

さらに、今作はデザイナーベイビーという産婦人科での

生命の遺伝子操作をすることに目が行きがちではありますが、

岩本仁志さんは、あくまで刑事ドラマであることを念頭に置き、

演出されることを考えているそうです。

 

役者陣も、黒木メイサさん渡部篤郎さん安達祐実さん

伊藤裕子さん松下由樹さんと、豪華キャストを取り揃えているので、

とてもハイクオリティな物語になることが期待でますね!

 

デザイナーベイビー制作統括の長沼誠の策略

今作は、デザイナーベイビーというコンセプトのなか、

医療現場と刑事としての捜査を合わせたまったく新しい

ドラマの構成になっているそうです。

 

いままでにないからこそ、制作がとても難しいうようですが、

そういったシリアスな現場で描かれる温かい人間ドラマにも

注目していただきたいところなんだそうです。

 

家族の愛とはなにか、、、

 

人間の深い深層心理を理解することで、

相手に対する思いやりが深まっていくことがよくわかると思います。

 

いったいデザイナーベイビーがどのように絡んでくるかは、

見てからのお楽しみですね!

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ