グッドパートナー竹内豊(咲坂健人)が主演になった3つの理由

Sponsordrink

グッドパートナー 竹内豊 画像

転用:http://laughy.jp/

ドラマグッドパートナーの主演としてあの竹内豊さんが選出されましたね!

 

久しぶりに日本テレビの主演を演じる竹内豊さん。いままでにない法務を取り扱った弁護士ドラマを木村拓哉さんが主演を務めた『HERO』を手がけた福田靖さんが脚本を担当されるので、いままでにない、まったく新しい弁護士ドラマの世界観が期待できると思います。

 

新しいコンセプトを掲げたオリジナルストーリーということもあり、業界や竹内豊さんのファンの方にとって、とても期待値の高い作品になっているのではないでしょうか。

 

そんなドラマグッドパートナーという作品に、なぜ竹内豊さんが主演として選ばれたのか、、、

 

その理由についてさらに踏み込んで考えていきたいと思います!

 

ドラマグッドパートナーをより一層楽しみたい方、竹内豊さんのことをもっと詳しく知りたい方は、最後まで集中して読みすすめてください。

 

理由1:高視聴率確保のため

1つ目の理由として考えられのは、高視聴率の確保でしょう。

 

事実、ドラマの視聴率というのは、年々下降していることもあり、戦国時代のように各テレビ局が視聴率争いをしていますからね・・・

 

フジテレビは月9ドラマにあの福山雅治さんを起用することにより、ドラマの視聴率を確保するためにかなり本腰を入れ始めています。

 

月9ラヴソング福山雅治が神代公平主役に選ばれた3つの理由

 

最近は、原作のある作品をベースにしてドラマを描いていた制作会社が多かったのですが、おそらく、それでは視聴率が取れないということで、月9ドラマのラヴソングや今回竹内豊さんが主演と演じるグッドパートナーのようなオリジナルストーリーの作品を創造していくことによって、新しい付加価値のある作品を描いていくことに力を入れていくことにしたのでしょう。

 

なにが正しいかわからないメディア業界の戦略のなかで、まったく新しい潮流が生まれたことによって、今回、竹内豊さんが主演として選ばれたのだと思います。

 

理由2:10年ぶりの朝日テレビ連続ドラマ出演で話題性を作るため

月9ドラマラヴソングに出演する福山雅治さんと同じように、竹内豊さんが連続ドラマに出演されることが自体、かなり珍しいです。

 

おそらく、出演料がかなり高いということもあり、いままで制作会社は起用してくても起用することができず、あまり制作費用がかからないキャストとして若手の俳優さんや女優さんを選出していたのではないでしょうか。

 

ただ、それではコスト削減にはつながるものの、結果として利益の最大化につながる価値の創造をすることができないので、経営者側の判断として、今回のように制作費用にお金をかけることにしたのだと思います。

 

その一番最前線にある作品というのが、月9ドラマラヴソングであったり、竹内豊さんが出演しているグッドパートナーであったりするんだと思います。

 

時代は常に移り変わっていますが、こういった視点でドラマの構成や制作会社の裏の戦略を分析していくというのは、とてもエキサイティングで面白いですよね^^

 

理由3:まったく新しいコンセプトだから

今回放送されることが決まったドラマグッドパートナーは、いままでにないまったく新しい弁護士ドラマということも1つの魅力として伝えられていますよね。

 

実際にどのあたりが違うのかというと、いままでは民事系の法律を扱った訴訟をテーマにした弁護士ドラマが主流であったのですが、今回は企業同士の戦いを描いたドラマであるところですね。

 

この観点のポジションで企画されたドラマというのはいままでにないので、とても斬新であり、興味深い内容になると思います。

 

事実、近年ヒットしたドラマである、下町ロケットや半沢直樹は、企業対企業という視点に立ち、よりエキサイティングに、そしてダイナミックに問題を立ち向かっていく世界観が描写されていました。

 

日常の生活とビジネスでの戦いを描くことによって、さまざまな現実のギャップに苦しむ主人公に対して視聴者が強く共感共苦されたのではないでしょうか。

 

そう考えると、今回の竹内豊さんが主演を務めるドラマグッドパートナーは、構成としては 大ヒットするのではないかという予感がしますよね^^

 

ドラマというのは、その時代の社会をうまく演出することができればできるほど大ヒットします。

 

だからこそ、そういった世界観を描くことができれば、間違いなくヒットさせることができるのですが、ドラマグッドパートナーにはその要素がコンセプトとしてしっかりと入り込んでいるのです。

 

そう考えると、このドラマいまの時代にはまるのではないかなと思いますよね。

Sponsordrink

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。竹内豊さんがドラマグッドパートナーで主演を務める理由についてと、ドラマグッドパートナーが時代に合った素晴らしいドラマとしてヒットするのではないかという考察をしてきましたが参考になりましたか?

 

時代は常に移り変わっていますし、なにが本当なのかということはありません。

 

そう、答えのない世界だからこそ、自分の頭で考えることによって生み出されたさまざまなアイデアが企画として世の中に出てくるのですが、とくに各テレビ局の仕掛けるドラマは、時代の世相がうまく描写されていますよね。

 

いったい今後ドラマ業界はどのような展開になっていくのか、そして、ドラマグッドパートナーは、視聴者にニーズにはまるのか・・・

 

今後の視聴者の動向が楽しみですね^^

 

関連記事一覧

グッドパートナー6話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

グッドパートナー5話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

グッドパートナー4話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

グッドパートナー3話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!ほっしゃんがいい味出してる

グッドパートナー1話ネタバレ・視聴率がすごいね!感想まとめ

グッドパートナー岡本あずさが可愛いと言われている3つの理由

グッドパートナー最終回ネタバレ予想!視聴率が結末で爆発する理由

グッドパートナー松風理咲(咲坂みずき)が期待されている3つの理由

グッドパートナー賀来賢人(熱海優作)が結婚?熱愛中の彼女との関係を考察してみた!

グッドパートナー山崎育三郎(赤星元)の人気が沸騰している3つの理由

グッドパートナーに馬場園梓(城之内麻里)を起用したプロデューサーの狙いとは

グッドパートナー松雪泰子(夏目佳恵)が美しさを保つ3つ秘策とは

グッドパートナー岡本あずさ学歴と性格は?美脚画像公開!

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ