エンジェルハート槇村香相武紗季合わない?死んだ理由と心臓のありかは?

Sponsordrink

相武紗季 画像

転用:http://laughy.jp/

 

実写ドラマエンジェルハートの槇村香役を演じている

相武紗季が似合わないとネット上で話題になったいたので、

ドラマ内での槇村香について検証してみました。

 

相武紗季は槇村香役を好演している相武紗季さんの

実写ドラマエンジェルハートでの演技はとても素晴らしいものでした。

 

シティハンターとしての任務を冴羽獠とこなしながらも、

人生のパートナーとして冴羽獠とともに生きることに

深い喜びを感じており、結婚することに大きな期待を抱いています。

 

さまざまな事件や問題、お互いの関係の摩擦が生じながらも、

壁として立ちふさがる局面を乗り越えていくことで、

絆を強めていった結果なんだとおもいます。

 

相武紗季 画像

転用:http://laughy.jp/

 

ドラマのなかで、冴羽獠が結婚式でタキシードを着ることを、

自分のイメージではないと嫌がっていたにもかかわらず、

タキシードを着ることを了承したところで

槇村香が泣いてしまうシーンはかなり涙腺にきましたね。

 

本当に幸せがいかに身近なところに隠れているの

かということを深く実感するようなそんなシーンでした。

 

そして槇村香が、

「ずっと、ありがとう」

という言葉を最後に口にします。

 

この言葉にはさまざまな意味と想いが込められており、

一重には表現することはできませんが、

ただ、多くの視聴者の心をぐっとつかんだことは間違いないと思います。

 

天国から地獄

よくあるストーリー展開ではありますが、

まさに天国から地獄に落ちてしまう悲劇的な展開。

 

冴羽獠(上川隆也)槇村香(相武紗季)は幸せな結婚をするはずが、

不慮の事故で槇村香が脳死状態に陥ってしまいます。

 

さらに、ドナー登録していた槇村香の心臓は何者かによって

持ち去られてしまうという事件が勃発したのです。

 

自分にとって大切なものを失ってしまった冴羽獠は抜け殻状態となり、

盗まれてしまった槇村香の心臓を探すが手がかりがなく、、、

 

シティーハンターとしての仕事も請け負うことなく、

時間が止まってしまったような人生を歩んでいます。

 

そんななか、心臓のありかどころか、

槇村香の心臓を移植された暗殺部隊の女性と遭遇することになった冴羽獠。

 

なんの運命かはわかりませんが、

この二人の間には槇村香という存在が

支えているなにかしらの関係性があると感じます。

 

相武紗季 画像

転用:http://www.tv-ranking.com/

 

槇村香の冴羽獠への想いが二人を引き寄せ、

Sponsordrink

冴羽獠の槇村香への想いがその暗殺部隊の女性を

変化させていくんだと思います。

 

そんななか、その女性、通称グラスハート(三吉彩花)

「私の心臓を取り出して私を殺せばいい」

と冴羽獠に発言します。

 

そんなグラスハートに対して冴羽獠は、

「君は俺と香の希望だ」

「たとえ明日までの命でも今日を精一杯生きるんだ」

という言葉を与えます。

 

なんだかとても温かくて、

そして居心地のいい響きだった感じました。

 

人間にはさまざまな運命や宿命があり、

逃れなれない関係性や、押し寄せてくる問題に

飲み込まれてしまいそうになることもあると思います。

 

しかし、そんなときにでもその現実から逃げずに、

しっかりと向かい合って生きていくこと。

受け入れていくこと。

 

これがとても大切なことなんだと感じさせてくれます。

 

おそらく、エンジェルハートは

人生においての生き方の学びとして

大切なことを教えてくれると思います。

 

そういった視点でもドラマを楽しむことができれば、

さらに高い価値を感じることができる作品になるのではないでしょうか。

 

まだ初回放送が終わったばかりではありますが、

今後の展開が楽しみで仕方がないですね。

 

海坊主野上冴子の活躍にも目が離せません!

また、芸能界のレジェンドミッキーカーチスもいい味だしてますよね!

 

実写ドラマエンジェルハート 画像

転用:http://www.oricon.co.jp/

 

オリジナルのストーリーなんかもいれてくれると最高です(^^)

 

関連記事一覧

エンジェルハート豪華キャストとあらすじ一挙公開!

エンジェルハート実写原作と比較!評価と評判を徹底検証してみた!

エンジェルハート三浦翔平と本田翼の熱愛報道は本当なの?清水良太郎との関係は?

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ