ようこそ、わが家へ 感想2話視聴率は?/3話あらすじ・ネタバレ

Sponsordrink

ようこそ、わが家へ 画像

ようこそ、わが家へ第2話の

視聴率が公開されました!!

 

『ようこそ、わが家へ』第2話

平均視聴率11.4%

 

第1話の視聴率13.0%から、

1.6%のダウン

 

視聴率が下がってはいますが、

なんとか2桁はキープできましたね。

 

それでは、『ようこそ、わが家へ』第2話と

第3話についてシェアしていきたいと思います。

 

ようこそ、わが家へ2話感想・ネタバレ

前回は、傷つけられたネコポストに入れられていた状態で

ドラマが終わりましたね。

 

初回放送なのに、嫌がらせが

どんどんエスカレートしていくので、

今後、どんな嫌がらせを受けるのか、、、

 

想像しただけで恐ろしいですよね。

 

ただ、倉田太一の同僚である、

営業部長の真瀬の性悪な感じが本当に許せません。

 

配送課の平井課長の

  • 業務上の配送ミス
  • 課長に推薦した恩

 

この2つの弱みを握った

真瀬営業部長は、領収書を別で受け取り、

平井課長に経理の出すよう命令されていました。

 

初回放送の真瀬部長の横領をもみ消した件もそうですが、

本当に嫌なやつですし、やり方が汚いです。

 

そんな嫌な役柄を竹中直人さんが

とてもうまく演じられています。

 

事件の真相は、まだわかりませんが、

真瀬部長が今後どのように会社で処理されていくのか、、、

 

できればスカッとしたいですよね。

 

ようこそ、わが家へ3話あらすじ

今度は倉田家の自動車が深夜、

何者かにいたずらされます。

 

そんな中、いままで倉田家に嫌がらせをされたきた

人間の証拠をつかむべく、『円タウン出版社』の神取明日香と

倉田健太が仕掛けた防犯カメラの映像を見てみることに。

 

しかし、、、

 

なぜか犯人は、防犯カメラの位置を知っているかのような

立ち位置で犯行に及んでいるのです。

 

そう、犯人は自分の体を隠して犯行に及びました。

 

いったいどこから情報が漏れたのか、、、

 

そして、家族にも防犯カメラの映像を見せ、

Sponsordrink

カメラのことを誰かに話したか、

家族に聞きますが、だれも心当たりがないといいます。

 

すると、いきなり倉田家のリビングに無言電話が、、、

 

日本は、なにかわからないものからの

攻撃を受ける作品が多いですが、

これは本当に人間の恐怖を煽ります。

 

いったい誰の犯行なのか、、、

気になってしょうがないですよね。

 

まとめ

『ようこそ、わが家へ』1話、2話の放送終了後に、

いつも赤崎慎司について調べられる方が多いようです。

 

とくにこちらの記事に訪れる方がたくさんいます。

 

ようこそ、わが家へ ニット帽の男についてはこちらから

 

人間には、興味性というすき間を埋めたい欲求があります。

 

とくに、こういったミステリー系のドラマや小説、

アニメは、この興味性を使った構成で視聴者を引き込んでいます。

 

たとえば、

 

  • 名探偵コナン
  • 金田一少年の事件簿
  • 相棒
  • 火曜サスペンス

 

これらは、最初に殺人があって、

殺人犯の顔を明かしません。

 

そして、真犯人は誰なのか?

 

何人かの容疑者の情報や、

現場での証拠などをもとに、

どのように犯行に至ったのか、

その解明をしていきます。

 

人間の脳みそは、真犯人というすき間を

開けれれてしまったので、

そのすき間を埋めずにはいられません。

 

だから最後まで見てしまうんですね。

 

今回の月9ドラマの『ようこそ、わが家へ』なんかはとてもいい例で、

最初に謎の男を出し、視聴者の脳に興味性を植え付けただけでなく、

 

そこで、謎の男に主人公の倉田健太が

家まで走って追いかけられるという恐怖感により、

さらに鮮明に視聴者の脳みそに刻まれたと思います。

 

ドラマは初回に見てもらった視聴者に

どれだけ最後まで見続けてもらえるかが勝負です。

 

だからこそ、こういった強烈な仕掛けを

施すことで、見たくてしょうがない状態にもっていくんですね。

 

演出がとてもうまいと思います。

 

初回放送の視聴率からは落ちてしまったものの、

ドラマ『ようこそ、わが家へ』は、高い視聴率を

キープするのではないでしょうか。

 

今後の展開に期待大ですね!

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ