ようこそ、わが家へネタバレ結末第1話/相葉雅紀主演と有村架純

Sponsordrink

ようこそ、わが家へ 画像

ようこそ、わが家へは

原作と結末が違うの?

 

フジテレビの月9ドラマであり、

作家の井戸田潤さんの最高傑作のドラマ化

ということで、多くのメディアや大衆から

注目を集めている『ようこそ、わが家へ』。

 

今回に放送開始する『アイムホーム』もそうなんですが、

実は、原作と結末が違うのでしょうか、、、

 

有村架純さんがドラマに対するコメントで、

原作と、ドラマの結末の違いについて

 

  • オリジナル作品とは違う展開
  • 決してハッピーエンドな結末ではないかもしれない

 

と語っています。

 

調べてみましたので、

シェアさせていただきます。

 

ようこそ、わが家へ結末はどうなるの?

原作の結末をネタバレします。

 

倉田家を恐怖に陥れるための、

嫌がらせを行っていたストーカーは2人いたんです。

 

ストーカー1:赤崎信士

このストーカーこそが、主人公の倉田太一が、

最初に電車で注意した人物です。

 

赤崎信士は、大手出版社の編集長で、

一流大学を出たエリートサラリーマン。

 

そんな誰からも羨ましがられる肩書きを背負ってはいたものの、

最近、自分の企画がうまくいかず、職場に居場所がなかったのです。

 

そんななか、普通のサラリーマンの倉田太一に

電車で注意されたことに憤りを感じ、

仕返しをしはじめたのです。

 

半沢直樹ではありませんが、

倍返しをの嫌がらせを、、、

 

その嫌がらせというのが、

  • 倉田家の花壇荒らし
  • 倉田家のポストにひん死のネコを投函
  • 倉田家の監視

などなど。

 

男なのに、なにやってんの?

という感じのことばかりで、女々しいですけど、

被害を受けている側は怖いですよね。

 

そして、最終的には倉田家の防犯カメラと、

公園に落ちていた吸殻が決め手で、警察に逮捕されます。

 

そして、このことが勤め先にもバレてしまい、

赤崎信士は懲戒解雇となってしまうのです。

 

まあ、当然の結果ですよね。

 

ストーカー2:田辺覚

倉田太一の息子である倉田健太と同じ職場で働く田辺覚。

 

自分の仕事が倉田太一にどんどん取られてしまうことが、

Sponsordrink

おもしろくなく、仕事を取られた仕返しに嫌がらせをし始めます。

 

その嫌がらせというのが、

  • 倉田家の車にいたずら
  • 倉田家の盗聴
  • 5万円の現金を盗む

などなど。

こういった犯行に手を染めました。

 

ストーカー1人の犯行と思いきや、

もう1人別のストーカーがいたことで、

倉田家は大きな混乱、恐怖と戦うことになります。

 

最後には、倉田太一たちが仕掛けた罠にまんまと引っかかり、

ナイフで倉田健太に傷を負わせ逃げ出します。

 

しかし、隠れていた警察に捕まり、

逮捕されるのです。

 

原作の結末はこのような展開になりますが、

ドラマがどうなるかはまだわかりません。

 

この原作のラストシーンを参考にして、

ぜひ、ドラマと見比べてみてください。

 

半沢直樹より地味な結末、、、

『半沢直樹』のようなストーリー展開を予想した方にとっては、

なんだか物足りないかもしれませんが、普通だからこそ、

リアリティがあっておもしろいということもあるので、

一度ドラマを見ることで、毎週見るかどうか見定めてください。

 

ただ、1つだけ言えることがあります。

 

それは、一度『ようこそ、わが家へ』を見た視聴者は、

二度と、電車で注意をしなくなるということです。

 

悪いと思ったことを注意しただけで、

ここまでの嫌がらせを受けること自体考え難いことですけど、

現代社会では、リアルに起きそうな事件なので怖いですよね。

 

あなたも気をつけてくださいね。

 

有村架純と相葉雅紀

最後に『ビリギャル』の有村架純さんと、

相葉雅紀さんの写真のつぶやきをシェアします!!

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ