さや姉(山本彩)の腹筋の魅力と歯が欠けた理由とは

Sponsordrink

さや姉 画像

転用:http://sayaneefan.blog.fc2.com/

大阪で生まれたアイドルグループNMB48の山本彩さんことさや姉が先日22歳の誕生日を迎えましたね!NMB48のリーダーとして、男勝りな正確が印象的なかわいいさや姉。2016年は、さらに加速して仕事もプライベートも充実させて目立っていってほしいですね。

 

今回はそんなさや姉の腹筋の魅力と先日欠けてしまった歯の情報をまとめてみました!さや姉ファンの方はぜひチェックしておいてくださいね^^

 

さや姉の腹筋の魅力

将来の夢はシンガーソングライターになること。そのために、ギター兼ボーカルとして中学生時代から活動を続けてきたさや姉は、根っからのアーティスト気質をもったタレントさんですね。そして、1つのことに熱中したらやり続けてしまうという、そのパッションは凄まじいものがあります。

 

B型ということもあり、プライドが高く、なんとしてもやり遂げてやるという肉食系女子のような感性をもっているのでしょう。そういった性格もあり、NMB48の周りのメンバーから慕われ、いまのポジションを築くことができたと考えられます。

 

そういった性格と男性のように仕事で戦うという闘志があるので、体を鍛えるということに関しても熱中してしまい、美しくて魅力的な腹筋に鍛え上げることができたのではないでしょうか。ある意味、男性のようなストイックさを感じます。

 

こういった性格をもっていることからして、さや姉は、どういった環境のなかでも強く生きていけるという力強さを感じてなりません。

 

一匹狼のような性質をもっているので、集団での活動ではなく、1人で活動する歌手としてソロデビューすることに意欲的なのではないかと思います。

 

真相はわかりませんが、おそらく、近いうちにNMB48を卒業し、ソロ活動として自分の音楽を広めていきたいと考え始めるでしょう。

 

もちろん、NMB48メンバーとの縁を切ることなく、しっかりとめんどうを見ながらやると思います。そういった強さがあることが、この腹筋から感じますね。本当に素晴らしい女性だと思います。

 

歯が欠けた理由とは

AKB48の10周年記念特別公演で気合いを入れすぎたことで前歯が少し欠けてしまったというさや姉。男勝りで、周りを引っ張っていくというパッションが人一倍あるさや姉だからこそやってしまった失敗なんでしょう。見た目ではわからない程度だそうですが、心配です。

Sponsordrink

 

さや姉は、かわいい顔とは裏腹に、自分の主張をしっかりと通そうとする、筋の通った行動に対して価値を置いて行動していることが活動をみているとよくわかります。

 

おそらく、それも、グループを引っ張っていくために必要なことであり、自分がしっかりしないと、NMB48は、アイドルグループとして業界で生き残っていくことができないという危機感を常にもって前に進んでいっているんでしょう。この若さで高いモチベーションをもち、仕事に打ち込む姿はとても素晴らしいことだと思います。

 

しかし、そういった女性は多くの場合、本当の自分ではなく、強い自分を演じてしまうので、大きなストレスと戦うことになる可能性がとても高いんですよね。

 

いわゆる、自分との戦いという分野に入っていくので、いつも周りに人がたくさんいるけど、本当に気を許すことができる仲間は少ない。もしくは、自分以外信用することはできないとすら思ってしまう傾向があるんです。

 

こういった場合、過度なストレスがかかり、自分の精神状態を追いつめていってしまう危険生が出てくるわけです。

Must be now (Short ver.) / NMB48動画

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。さや姉の魅力が少しでも伝わったでしょうか?アイドルとして活動しているメンバーのなかでも、しっかりと自分の夢をもち、失敗しながらでも少しずつ前に進んでいる人間と、ただただ、NMB48として活動をすることに充実感をもち、いまの自分のままでいいと思っている人間とでは、そのあとののびしろがまったく違います。

 

より頭を使い、よりたくさんのことに挑戦し、実践していく人間だけが本当の成功を掴み取ることができるのですから。おそらく、さや姉にはその素養があり、2016年からはさらに大きく飛躍していく年になると考えられます。また、仕事だけではなく、プライベートでの朗報も期待したいところですね!応援してます^^

 

関連記事一覧

山本彩(さや姉)が秘書!ゲーテの画像が魅力的である3つの理由とは

 

Sponsordrink

ふむふむ!と思える記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ